イエローキャブ (芸能プロダクション)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社イエローキャブ
Yellow Cab Co.,ltd
種類 株式会社
略称 イエキャブ
キャブ
本社所在地 日本の旗 日本
107-0062
東京都港区南青山2-13-14
青山深見ビル4階
設立 1980年昭和55年)
業種 サービス業
事業内容 タレントマネージメント
代表者 代表取締役社長:松山弘志[1]
関係する人物 黒澤久雄(創設者)
野田義治(二代目社長)
佐藤紳司(三代目社長)
帯刀孝則(前社長))
岡村信善
外部リンク http://www.yellow-cab.co.jp/ (日本語)
テンプレートを表示

イエローキャブ (Yellow Cab) は、かつて存在した日本芸能事務所である。

概要[編集]

もともとは、映画監督黒澤明長男である黒澤久雄が、黒澤フィルムスタジオの芸能事務所部門として「黒澤プロモーション」という名称で1980年昭和55年)に設立。黒澤が、父・明監督の映画『』の制作を手伝うことになるなど多忙を極めたため、遊び仲間で、かつていしだあゆみ朝丘雪路などのマネージャーを務めたこともある野田義治に実質的な経営をバトンタッチする。所属タレント第1号は山咲千里だったが、芸能活動の方向性を巡って事務所と山咲の家族との意見が合わず、山咲は程なく事務所を去ってしまう。

1983年昭和58年)、野田が自ら運営に携わったクラリオンガールコンテストから、堀江しのぶを発掘する。堀江はグラビアページやテレビ番組アシスタントテレビドラマ出演などで成功するが、事務所自体は苦しい経営が続く。更に堀江は人気絶頂の1988年昭和63年)に23歳の若さで病死し、事務所は大黒柱を失ってしまう。この年に現在の社名に変更し、野田が社長に就任する。

野田は堀江に続いてかとうれいこを発掘する。1989年平成元年)に第16代クラリオンガールに選ばれたかとうはグラビアで人気爆発、多くの雑誌の表紙や巻頭カラーを飾る。数年にわたり、高価な写真集の新作がまるで雑誌のごとく毎月のように本屋に並べられ売れ続けるという「写真集クイーン」となり、大成功をおさめた。その利益がイエローキャブの経営の基礎を作り、TV局に強いコネを持つ大手プロダクションの隙間を狙ってバストの豊かな女性を雑誌のグラビアで顔や名前を売る戦略を軌道に乗せた。その後も細川ふみえ雛形あきこらがテレビで人気者となっていった。また別会社として有限会社サンズ(後のサンズエンタテイメント)も設立したが、一方で野田のワンマン経営から資金繰りが悪化し、東洋コンツェルングループの傘下となる。しかし、現在は資本及び人的関係はない[要出典]

多くの所属タレントがTVで活躍するようになっていた2004年平成16年)末、経営上のトラブルで野田が社長を辞任し、会社を去った。野田が進めた多角経営が軌道に乗らなかった上に、野田が親会社に無断で所属タレントに株を交付したことで裁判沙汰に発展。その結果、取締役会で野田を代表取締役から解任する決議が了承された。後任の社長には佐藤紳司が就任する[2]

佐藤江梨子根本はるみらは留まり、小池栄子がサンズエンタテインメントから移籍したが、雛形あきこやMEGUMIを筆頭に、所属タレントの大半が野田に追随し、野田が社長を務めるサンズエンタテインメント(サンズから社名変更)へと移籍したことで、イエローキャブの所属タレント数は大幅に減少し、規模も縮小した。

ただ、有力タレントである小池、佐藤、根本が残留したこと、また野田が社長時代に培った「イエローキャブ」の名称が持つブランドバリューもあり、その後も大手芸能事務所としての体を保っていた。野田が去った後は、グラビアアイドル路線ではなく女優などを所属させるようになった。

なお、サンズエンタテインメントはイエローキャブの子会社ではなく、資本及び人的関係はない。

佐藤紳司は2006年に辞任。帯刀孝則が引き継ぐが、2012年6月に急死[3]。長らく役員を務めてきた取締役の松山弘志[4]五木ひろしの兄)が社長となる[1]

2013年3月にグループ会社として「株式会社イエローキャブプラス」を設立し代表取締役に岡村信善が就任する。当該事務所では、イエローキャブ本体にて長く途絶えていたグラビアアイドル路線を復活させている。

2014年に入り、経営危機及び小池・佐藤の新事務所移籍の噂が報道される[4]。この報道についてイエローキャブからのコメントは一切なかったが、4月に入り、京都のIT企業フェイスが立ち上げた新会社「ドリームキャブ」およびイエローキャブより、業務提携のアナウンスが行われた。内容は「ドリームキャブがイエローキャブの芸能マネジメント業務を受託する」というものである。これにより、事実上イエローキャブの業務はドリームキャブに移行し、フェイスが関連会社で行っていたアーティストのマネージメントと統合して再スタートすることとなった。

ドリームキャブの営業開始後も法人としてのイエローキャブは存続していたが、2015年2月10日[5]と13日[6]と立て続けに、東京スポーツが事務所消滅の方向へ向かっているとの記事を掲載。

2015年2月13日、帝国データバンク東京商工リサーチにより、自己破産申請に入ることが報道された。2015年1月末で小池・佐藤が契約満了となった事から事業を停止し、事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備を始めているという。負債は約4億円にのぼる[7][1]

なお、グループ会社のイエローキャブプラスは別資本で経営されており、この自己破産騒動とは一切無関係である。

所属タレント[編集]

2015年現在・太字は旧キャブ時代からの所属者)

旧所属タレント[編集]

イエローキャブプラス 所属タレント[編集]

  • Gstyle
  • 佐藤幹
  • 北村圭吾
  • アレカ
  • 加藤みな実
  • 田中小夜美
  • 小山理加子
  • 土居來未
  • 設楽あず
  • 岩崎ひかり
  • 山田怜奈
  • 鹿児菜緒
  • 真優香
  • AKANE
  • 澤田百合亜
  • 牧野響
  • 吉岡あい
  • 末松花菜
  • 田上愛琳
  • 鍬ケ谷紗介
  • 遠藤希
  • 高橋つぐみ
  • 佐藤愛香
  • 佐藤桃香

スポーツ文化事業部[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]