イエロニム・ウボレヴィッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イエロニム・ウボレヴィッチ

イエロニム・ペトロヴィチ・ウボレヴィッチロシア語: Иероним Петрович Уборевич, 1896年1月14日 - 1937年6月12日)は、ソビエト連邦の軍人、政治家。一等軍司令官。赤軍大粛清の犠牲者。リトアニア人で、元の名はイェロニマス・ウボレヴィシウスリトアニア語: Jeronimas Uborevičius)。

経歴[編集]

ヴィレンスク県アンタンドリユス村の農民の家庭に生まれる。ペテルブルク工業大学で学び、1915年、コンスタンチン砲兵学校を卒業。陸軍少尉として第一次世界大戦に従軍。

1917年3月、ロシア社会民主労働党(ボリシェヴィキ派)に入党。十月革命後、ベッサラビアの赤衛隊の組織者の1人となり、1917年12月、革命労農連隊長に選出。1918年1月~2月、ルーマニア軍及びオーストリア・ハンガリー軍と戦闘し捕虜となるが、8月に脱走。その後、独立コトラス榴弾砲中隊を指揮し、砲兵教官、ドヴィナ旅団長を経て、1918年12月から第18師団長となり、敵のヴォログダ進出を阻止した。1919年10月から第14軍を指揮し、オリョール及びクロム郊外で白軍を撃破し、クルスクハリコフポルタヴァヘルソンニコラエフオデッサの解放に参加した。1920年3月~4月、第9軍を指揮し、北カフカースのエカテリノダール(クラスノダール)とノヴォロシースク地区で白軍を撃破した。1920年5月~7月、11月~12月、南西戦線の第14軍、7月~11月、南部戦線の第13軍を指揮し、ウランゲリ将軍の部隊と交戦した。

1921年1月~4月、ウクライナ・クリミア軍司令官補佐官。タンボフ県でアントーノフ農民蜂起が発生した後、ミハイル・トゥハチェフスキーの副官となり、蜂起を鎮圧。1921年夏、N.マフノとS.ブラク=ブラホヴィッチの反乱鎮圧のため白ロシアに派遣。1921年8月~1922年8月、第5軍司令官、東シベリア軍管区司令官。1922年8月~11月、極東共和国の軍事相兼人民革命軍総司令官、全連邦共産党(ボリシェヴィキ党)中央委員会極東局員。1922年、沿海作戦を遂行し、スパスクを奪取し、極東の白軍残余勢力を掃討した。1924年からウラル軍管区副司令官兼参謀長。1925年から北カフカーズ軍管区司令官、1928年からモスクワ軍管区司令官。

1926年からソ連革命軍事会議議員、1930年~1931年、同会議副議長。1930年~1937年、党中央委員会委員候補。1930年~1931年、労農赤軍兵器部長。1931年6月から白ロシア軍管区司令官。1934年からソ連国防人民委員部軍事会議議員を兼任。1937年5月20日、中央アジア軍管区司令官に任命。

1937年5月29日、いわゆる「労農赤軍における軍事ファシストの陰謀」への関与の嫌疑で、トゥハチェフスキー、ヤキール、コルク、エイデマン、フェリドマン、プリマコフ、プトナ等と共に逮捕。同年6月11日、ウリリフ、ブリュヘルブジョーンヌイ、アルクスニス、シャポシニコフ、ベーロフ、ドゥイベンコ、カシーリンから成るソ連最高裁判所特別法廷は、彼らに死刑を言い渡した。死刑は翌日に執行された。

1957年、名誉回復。