イエティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

イエティ (yeti) は、ヒマラヤ山脈に住むと言われているUMA(未確認動物)である。全身が毛に覆われ、直立歩行するとされる。

イエティのイラスト(想像図)

概要[編集]

イエティは、シェルパ族の言葉で岩を意味する"Yah"と動物を意味する"Teh"が語源である。現地では伝承としてその存在が伝えられていたが、1887年イギリスのウォーデル大佐が足跡を発見したことで世界に知られるようになった。

その後、実物を目撃したとの報告もあり、1954年のイギリスのデイリー・メール紙のものを皮切りに各国より何度となく探査隊が派遣されている。日本では1959年東京大学医学部小川鼎三教授を代表とする「日本雪男研究グループ」が結成され、毎日新聞社スポンサーとして、6名の学術探検隊がエベレスト山麓に派遣された。 現地では巨大でヤクを襲うズウティ、2メートルほどの大きさでナキウサギを捕食するミイティなど数種類の呼び名がある。

正体[編集]

イエティの正体については、未知の巨大類人猿(或いは新生代第三期の大型類人猿ギガントピテクス)説も出されたが、1960年探検家エドモンド・ヒラリーら18名参加の国際学術探査隊がエベレスト山麓を調査し、以下のような結果を発表した。

  • 「イエティの足跡」はキツネのもの。
  • ネパールラマ教寺院に保存されている「イエティの頭皮」はカモシカの一種のもの。
  • 「イエティの鳴き声」はユキヒョウのもの。
  • 大きなイエティ「チュッテー」の毛や糞はヒグマのもの。
  • 中くらいのイエティ「ミッテー」の毛と糞はカモシカのもの。
  • 小さなイエティ「テルマー」の毛と糞はアカゲザルのもの。
イエティのものだと称されている頭部(ネパール、クムジュンの僧院)

最近では、シェルパにヒグマの姿を見せたところ、彼らが「イエティ」と認識したことが判明している。 ブータンで「雪男」を指すとされた「メギュ」、チベットでの「テモ」もヒグマを指す名称だった。 1959年、地元住民が日本の登山隊に差し出した「イエティの毛皮」もヒグマのものだった。 2003年にチベットで調査をおこなった登山家根深誠も、チベットで「雪男」を指す「メテ」、「ミティ」は人を意味する"mi"とチベットヒグマを意味する"dred"が語源だったと、イエティはヒグマであったとの結論を出している。

ラインホルト・メスナーの著書『My Quest for the Yeti』には、そもそもイギリスのエベレスト登山隊がイエティを未確認動物にして資金を集めていた事実が1930年代ドイツの探検家・動物学者E・シェーファーによって証されていたことが記載されている。 多くの登山家達が資金繰り[1]に悩んだあげく、故意かどうかは別にして、地元でイエティと呼ばれていたヒグマを未確認生物に仕立て上げ、資金源にしていた。[独自研究?]

脚注[編集]

  1. ^ エベレスト登山の場合、現在登山料は団体割引を使っても一人最低10,000米ドル。

関連項目[編集]