イエス、わが喜び

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コラールの最初

イエス、わが喜び(いえすわがよろこび、ドイツ語Jesu,meine freude)は17世紀の代表的なドイツコラールである。17世紀以来ドイツの人々に深く愛されてきた。ヨハン・ゼバスティアン・バッハモテットBWV227。

原作[編集]

作詞者はヨハン・フランクである。作曲は、教会音楽歌家ヨハン・クリューガーである。この歌は、クリューガーの1653年の聖歌集に最初に収録された。

原作は、6節からなり、キリストへの情熱的な愛を歌っている。しかし、個人的な色彩が強いため、ルター派の教会では使用を反対するところもあった。

編曲[編集]

ドイツ人の愛好する賛美歌で、ヨハン・ゼバスティアン・バッハを始めとして多数の作曲家が、この曲に基づいて、オルガン曲や合唱曲を書いている。バッハのクリスマス・オラトリオ第40曲にも取り入れられている。

バッハのモテットの構成[編集]

典型的なABCDCBAのブリュッケン・フォルム「橋型形式」である。

  1. Jesu, meine Freude (1. スタンザ) イエス、わが喜び
  2. Es ist nun nichts Verdammliches (聖句、ローマ書8:1、8:4) 「こういうわけで、今は、キリスト・イエスにある者が罪に定められることは決してありません。(ローマ8:1)」[1]、「これ肉に從はず靈に從ひて歩む我らの中に、律法の義の完うせられん爲なり。(ローマ8:4)」[2]
  3. Unter deinem Schirmen (2.スタンザ)主の守り
  4. Denn das Gesetz (à 3, 聖句、ローマ8:2)「なぜなら、キリスト・イエスにある、いのちの御霊の原理が、罪と死の原理から、あなたを解放したからです。」
  5. Trotz dem alten Drachen (3. スタンザ)
  6. Ihr aber seid nicht fleischlich (Fugue,聖句、ローマ8:9) 「もし神の御霊があなたがたのうちに住んでおられるなら、あなたがたは肉の中にではなく、御霊の中にいるのです。キリストの御霊を持たない人は、キリストのものではありません。」
  7. Weg mit allen Schätzen (4. スタンザ) 去れ、すべての宝
  8. So aber Christus in euch ist (à 3, 聖句、ローマ8:10) 「もしキリストがあなたがたのうちにおられるなら、からだは罪のゆえに死んでいても、霊が、義のゆえに生きています。」
  9. Gute Nacht, o Wesen (à 4, 5. スタンザ) さらば、世の選びしもの
  10. So nun der Geist (聖句、ローマ8:11) 「もしイエスを死者の中からよみがえらせた方の御霊が、あなたがたのうちに住んでおられるなら、キリスト・イエスを死者の中からよみがえらせた方は、あなたがたのうちに住んでおられる御霊によって、あなたがたの死ぬべきからだをも生かしてくださるのです。」
  11. Weicht, ihr Trauergeister (6. スタンザ)退け、悲しみの霊、
コラール 聖句
コラール
トリオ
クアジ-アリア 自由コラール
二重フーガ
コラール
トリオ
クアジ-アリア 自由コラール
聖句 コラール

所収[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 新改訳聖書
  2. ^ 文語訳聖書

参考文献[編集]

  • 「讃美歌第二編略解」

関連項目[編集]