イェーガー空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イェーガー空港
IATA:CRW-ICAO:KCRW
概要
国・地域 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
設置場所 ウェストバージニア州
チャールストン
運営者 中央ウェストバージニア地域空港局
標高 299 m・981 ft
位置 北緯38度22分23秒
西経81度35分35秒
座標: 北緯38度22分23秒 西経81度35分35秒
ウェブサイト
滑走路
方向 ILS 全長×全幅 (m) 表面
05/23 YES 1,921×46 舗装
15/33 NO 1,448×46 舗装
リスト
空港の一覧

イェーガー空港(イェーガーくうこう、: Yeager AirportIATA: CRW)は、アメリカ合衆国ウェストバージニア州中部にある空港。同州の州都チャールストンをカバーしている。空港はチャールストンのダウンタウンから東へ約5kmの丘の上に立地している。ダウンタウンの広がるエルク川・カナワ川岸よりも標高が100m高いため、空港からはダウンタウンを見下ろす格好になっている。空港の敷地は767エーカー(約310ha)で、2本の滑走路を有する。空港はアメリカ空軍第130空輸航空団のC-130(ハーキュリーズ)輸送機9機を有している。

歴史[編集]

第二次世界大戦中、連邦政府がワーツ・フィールドに隣接して合成ゴム工場を建てたため、当時チャールストンをカバーしていた同空港への離着陸路が塞がれ、使用できなくなった。しかしワーツ・フィールド自体が商業的に追いつかなくなってきたため、工場建設以前からもともとチャールストンには新空港を建設する計画が持ち上がっていた。

1944年、チャールストン市当局は新空港の建設に着手した。その3年後の1947年に空港はカナワ空港として開港した。現在の名称に改められたのは1985年であった。空港の名は近隣のリンカーン郡出身の准将(当時)で、ベル X-1を操縦し、世界で初めて音速を超えての水平飛行に成功した人物として知られるチャック・イェーガーからつけられた。

この空港の建設は1940年代としては非常に画期的なものであった。もともとの地形は大きな丘3つと小さな丘4つが連なる起伏に富んだもので、それを空港に適した平坦な地形にするために、7つの丘の上部をすべて削り、丘の間の谷にその土を埋めたのであった。動かした土砂は当時、パナマ運河建設に次いで史上2番目の量であった。

2008年2月27日、イェーガー空港の管理委員会は第2滑走路(15/33)を閉鎖し、ウェストバージニア州兵の施設が所有するC-130輸送機4機を格納できるようにハンガー2棟とランプウェイを建設する改築案を可決した[1]。この改築により、チャーター機や自家用機などジェネラル・アビエーション用のハンガースペースが3倍になり、また商業機の格納スペースも最大10機分増加する。

発着路線と行先[編集]

イェーガー空港のターミナルは3つのコンコースを有している。ウェストバージニアの州都をカバーする、州最大の空港であるだけに、主要5社のうちアメリカン航空を除く4社が路線を有し、各社のハブ空港からの便を発着させているが、いずれも「エクスプレス」や「コネクション」などのついた、提携航空会社による小型機の便のみである。

コンコースA[編集]

ゲートA1-A7

コンコースB[編集]

ゲートB1-B2

コンコースC[編集]

ゲートC1-C5

脚注[編集]

  1. ^ Yeager runway to close to make room for hangars. Charleston Daily Mail. 2008年2月28日.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]