イェリー・ダラーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

イェリー・ダラーニまたはジェリー・ダラニーJelly d'Aranyi, マジャル語ではd'Arányi, 1893年5月30日 ブダペスト - 1966年3月30日 フィレンツェ)はハンガリー出身の女性ヴァイオリニスト。姉アディラ・ファキーリも著名なヴァイオリニストであった。大おじにヨーゼフ・ヨアヒムがいる。なお、本来の姓はアラーニ・ド・フニャドヴァール(Aranyi de Hunyadvár)である。

当初はピアノを学ぶが、ブダペストフランツ・リスト音楽院イェネー・フバイに師事したのを機にヴァイオリンに転向した。欧州米国で独奏者ならびに室内楽奏者として演奏旅行を続けた後、ロンドンに定住。ベーラ・バルトークと共演してロンドンやパリヴァイオリン・ソナタのリサイタルを開いた。バルトークの2つのヴァイオリン・ソナタ(第1番第2番)は、いずれも姉アディラに献呈されてはいるが、いずれもロンドンでの初演は、作曲者自身のピアノとイェリーのヴァイオリンによってであった。

古典派ロマン派近代音楽の秀逸な解釈で知られており、モーリス・ラヴェルはピアノ伴奏版の《ツィガーヌ》を、ヴォーン・ウィリアムズは《アカデミックな協奏曲》をダラーニに献呈している。また、グスターヴ・ホルストは《2つのヴァイオリンのための二重協奏曲》をジェリーとアディラのために作曲した。

1937年には、ローベルト・シューマンの《ヴァイオリン協奏曲》のロンドン初演を行なった。1933年降霊術に参加した際に、シューマン本人のからこの協奏曲についてのメッセージを託されたとして、世界初演の権利を得ようとしたが、この望みは叶わなかった。

参考文献[編集]

  • A Eaglefield-Hull (Ed), A Dictionary of Modern Music and Musicians (Dent, London 1924)
  • Elkin, Robert, Queen's Hall 1893-1941 (Rider, London 1944), 51.
  • MacLeod, Joseph, The Sisters d'Aranyi (London, Allen & Unwin, 1969).
  • Magidoff, Robert, Yehudi Menuhin: The Story of the Man and the Musician (Robert Hale, London 1956).

外部リンク[編集]