イイススの祈り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラバルムを中心に、ルーマニア語でイイススの祈りが回りに書かれた画像。"Doamne Iisuse Hristoase, Fiul lui Dumnezeu, miluieste-ma pe mine pacatosul."

イイススの祈り(イイススのいのり)とは、正教会で用いられる祈り・祈祷文。「イイスス」とは「イエス」の中世以降のギリシャ語、および教会スラヴ語からの日本正教会による転写である。「イエスの祈り」とも表記される。

イイススの祈りは、4世紀エジプト修道士の祈りにもルーツがあるとされる。

イイスス・ハリストス、神の子よ、我、罪人を憐れみ給え。

日本正教会訳によるイイススの祈り、毎日の奉神礼

イイススの祈りは、繰り返し唱えて用いられる。修道生活の中心にあるともされるが、一般の正教徒にも唱える事が奨められている。イイススの祈りの短縮版である「主、憐れめよ」(ギリシャ語ではキリエ・エレイソン)は、連祷をはじめとして公祈祷・私祈祷の別無く最も用いられる祈りとなっている。

形式と意義[編集]

アンドレイ・ルブリョフによるイコン至聖三者』。旧約においてアブラハムを3人の天使が訪れた事を至聖三者の顕現として捉える伝統が正教会にはあるが、そのもてなしの食卓の情景を描いたイコンを元に3人の天使のみが描かれたもの。
主の顕栄祭(変容祭)イコンヤロスラヴリの顕栄修道院のもの・16世紀初頭)

[1] イイススの祈りは短い祈願文である。これを繰り返し唱える。

祈祷文はイイスス・ハリストス(イエス・キリストの現代ギリシャ語教会スラヴ語読み)に呼びかける形となっている。人間としての名であるイイススという名前を以て呼びかけの対象を明確にし、ハリストスという称号を以て「イイススがハリストスである」という信仰を言い表している。名前が機密的な力を持つものとして正教会では捉えられており、「名前を用いることで、その名のペルソナを実在させる」(カリストス・ウェア)と言われる。自分のために変容し、十字架にかけられ復活し、常に自分と共に居るイイスス・ハリストスに対し、我が主よ、我が救いよ、呼びかける。

イイススの祈りはイイスス・ハリストスへの祈りと同時に至聖三者への祈りでもある。イイスス・ハリストスを「神の子」として、至聖三者の第一位としての神父(かみちち)に言及し、聖神(聖霊)の助けを得て祈る事で聖神にも言及している。聖神の助けを得てイイススに祈る事については聖書の以下の箇所が根拠とされる。

聖神゜に由らざれば、一人もイイススを主と稱ふる(となふる)能はず。

コリンフ前書(コリントの信徒への手紙一)12章3節、『新約』(日本正教会訳、1901年

また、「主」「神の子」と呼びかけることでイイスス・ハリストスの神性が現され、「イイスス」という人間としての名を呼ぶ事で人性が表されてもいる。

ロシアの『無名の巡礼者の手記』によれば、イイススの祈りには福音書全体が含まれて居るともされている。敬拝と痛悔光栄と赦しという要素が含まれており、救いと憐みを表す。

イイススの祈りはこのように、至聖三者に対する呼びかけを伴う信仰告白であり、神への祈願である。単に気持ちを集中させたり気持ちをリラックスさせたりするためのテクニックではない。

各国語祈祷文[編集]

並び順はギリシャ語教会スラヴ語を除き[2]ISO 639による言語コード順。

  • ギリシア語: Κύριε Ἰησοῦ Χριστέ, Υἱέ τοῦ Θεοῦ, ἐλέησόν με τὸν ἁμαρτωλόν(女性が祈る場合はτὴν ἁμαρτωλόνと言い換える)
  • 教会スラヴ語: Господи Ісусе Христе Сыне Божїй помилѹй мѧ грѣшнаго.(女性が祈る場合は女性名詞грѣшнѹюと言い換える)
  • アラビア語: أيها الرب يسوع المسيح ابن الله, إرحمني أنا الخاطئAyyuha-r-Rabbu Yasū` al-Masīħ, Ibnu-l-Lāh, irħamnī ana-l-khāti'(女性が祈る場合は女性名詞ana-l-khāti'aと言い換える)
  • ブルガリア語: Господи Иисусе Христе, Сине Божий, помилвай мен грешника.
  • チェコ語: Pane Ježíši Kriste, Syne Boží, smiluj se nade mnou hříšným.
  • 英語: Lord Jesus Christ, Son of God, have mercy on me, a sinner.
    • 短縮形: Lord have mercy.
  • フィンランド語: Herra Jeesus Kristus, Jumalan Poika, armahda minua syntistä.
  • ハンガリー語: Uram Jézus Krisztus, Isten Fia, könyörülj rajtam, bűnösön!
  • 日本語: 主イイスス・ハリストス、神の子よ、我、罪人を憐れみ給え。
  • グルジア語: უფალო იესუ ქრისტე, ძეო ღმრთისაო, შემიწყალე მე ცოდვილი.
  • 朝鮮語: 주 예수 그리스도, 하느님의 아들이시여, 죄인인 저를 불쌍히 여기소서.
  • ラテン語: Domine Iesu Christe, Fili Dei, miserere mei, peccatoris.(女性が祈る場合は女性名詞peccatricisと言い換える)
  • マルタ語: Mulej Ġesù Kristu, Iben ta’ Alla l-ħaj, ikollok ħniena minni, midneb.
  • オランダ語: Heer Jezus Christus, Zoon van God, ontferm U over mij, zondaar.
  • ポーランド語: Panie Jezu Chryste, Synu Boga, zmiłuj się nade mną, grzesznikiem.
  • ルーマニア語: Doamne Iisuse Hristoase, Fiul lui Dumnezeu, miluieşte-mă pe mine păcătosul.(女性が祈る場合は女性名詞păcătoasaと言い換える)
  • ロシア語: Господи Иисусе Христе, Сыне Божий, помилуй мя грешнаго.(女性が祈る場合は女性名詞грешнуюと言い換える)
    • 短縮形: Господи, помилуй.
  • ロシア語: 古儀式派: Господи Исусе Христе, Сыне Божий, помилуй мя грешнаго.(女性が祈る場合は女性名詞грешнуюと言い換える)
    • 短縮形: Господи, помилуй.
  • セルビア語: Господе Исусе Христе, Сине Божји, помилуј ме грешног. (Gospode Isuse Hriste, Sine Božiji, pomiluj me grešnog.)
  • スロバキア語: Pane Ježišu Kriste, Synu Boží, zmiluj sa nado mnou hriešnym.
  • ウクライナ語: Господи Ісусе Христе, Сину Божий, помилуй мене грішного.(女性が祈る場合は女性名詞грішнуと言い換える)
    • 短縮形: Господи, помилуй

脚注[編集]

  1. ^ 本節の出典:カリストス主教 講演第5回 前 イイススの祈りの実践
  2. ^ ギリシャ語はその重要性から1番目に記載。教会スラヴ語は広く用いられていることと、ISO 639による言語コードを持たないことにより、2番目に記載。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

出典・外部リンク[編集]