イアン・ホロウェイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イアン・ホロウェイ Football pictogram.svg
Ianhollowaychels.jpg
名前
本名 Ian Scott Holloway
愛称 オリー
基本情報
国籍 イングランドの旗 イングランド
生年月日 1963年3月12日(51歳)
出身地 ブリストル
選手情報
ポジション MF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1980–1985 イングランドの旗 ブリストル 111 (14)
1985–1986 イングランドの旗 ウィンブルドン 19 (2)
1986–1987 イングランドの旗 ブレントフォード 30 (2)
1987 イングランドの旗 トーキー (loan) 5 (0)
1987–1991 イングランドの旗 ブリストル 179 (26)
1991–1996 イングランドの旗 QPR 147 (4)
1996–1999 イングランドの旗 ブリストル・ローヴァーズ 107 (1)
通算 598 (49)
監督歴
1996–2001 イングランドの旗 ブリストル・ローヴァーズ
2001–2006 イングランドの旗 QPR
2006–2007 イングランドの旗 プリマス
2007–2008 イングランドの旗 レスター
2009–2012 イングランドの旗 ブラックプール
2012–2013 イングランドの旗 クリスタル・パレス
2014– イングランドの旗 ミルウォール
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

イアン・スコット・ホロウェイIan Scott Holloway1963年3月12日 - )は、イングランド出身の元サッカー選手、監督。愛称はオリー(Ollie)。

人物[編集]

選手時代のポジションはミッドフィールダーブリストル・ローヴァーズクイーンズ・パーク・レンジャーズで活躍した。1999年の引退後は指導者に転身し、前述した2クラブを始め、レスター・シティブラックプール等の監督を歴任。ブラックプールでは攻撃的なサッカーでクラブを40年ぶりのトップリーグ昇格に導き、昇格後もそのスタイルを変えずに1年で降格した。チャーリー・アダムを中心とした攻撃は魅力的だったが、彼らの守備はあまりにも脆弱だった[1]

夫人は悪性リンパ腫を患ったことがあり、2人の間に生まれた3人の子供は先天性の聴覚障害を持つ[2]

2007年にデイヴィッド・クレイトンとの共著で自伝『オリー』を出版した。

個人成績[編集]

クラブ成績 リーグ カップ リーグ杯 通算
シーズン クラブ リーグ 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
イングランド リーグ FAカップ FLカップ 通算
1980–81 ブリストル 2部 1 0 1 0
1981–82 ブリストル 3部 1 0 1 0
1982–83 ブリストル 3部 31 7 31 7
1983–84 ブリストル 3部 36 1 36 1
1984–85 ブリストル 3部 42 6 8 2 10 1 42 6
1985–86 ウィンブルドン 2部 19 2 1 0 3 0 23 2
1986–87 ブレントフォード 3部 30 2 3 0 2 0 36 2
1986–87 トーキー 4部 5 0 0 0 0 0 5 0
1987–88 ブリストル 3部 43 5 43 5
1988–89 ブリストル 3部 44 6 44 6
1989–90 ブリストル 3部 46 8 46 8
1990–91 ブリストル 2部 46 7 10 1 5 0 46 7
1991–92 QPR 1部 40 0 1 0 4 0 45 0
1992–93 QPR プレミア 24 2 2 1 4 0 30 3
1993–94 QPR プレミア 25 0 0 0 1 0 26 0
1994–95 QPR プレミア 31 1 4 0 3 0 38 1
1995–96 QPR プレミア 27 1 1 0 2 0 30 1
1996–97 ブリストル 2部 31 1 1 0 2 0 34 1
1997–98 ブリストル 2部 39 0 4 1 2 0 46 1
1998–99 ブリストル 2部 37 0 4 0 2 0 43 0
総通算 598 49 38 5 39 1 705 58

脚注[編集]

外部リンク[編集]




この項目は、ウィキプロジェクト サッカー選手の「テンプレート」を使用しています。