イアン・スタンリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イアン・スタンリー
基本情報
出生名 Ian Christopher Stanley
出生 1957年2月28日(57歳)
出身地 イングランドの旗 イングランド ハイワイコム(イングランド)
ジャンル ロック
職業 音楽プロデューサーキーボーディスト
担当楽器 キーボード
活動期間 1981年 - 現在
共同作業者 ティアーズ・フォー・フィアーズ

イアン・スタンリー(本名 Ian Christopher Stanley イアン・クリストファー・スタンリー 1957年2月28日-)は、イギリスのミュージシャン、キーボーディスト、ソングライター、音楽プロデューサー

1980年代にイギリスのバンド、ティアーズ・フォー・フィアーズ(以下、TFF)のメンバーであった。マルチ・プラチナを売上げた2枚目のアルバム『シャウト』を制作する鍵となる役割を果たした。

経歴[編集]

自分のレコーディング設備をタダで自由に使えるよう提供し、スタンリーはTFFのバック・メンバーとなって最初の3枚のアルバムでキーボードを演奏した。1983年から1985年頃には、数多くの楽曲をローランド・オーザバルと共同で書き、バンドがバースにある彼らのスタジオで作業するような場合には、プロデューサーだったクリス・ヒューズと共に制作チームの要となる存在だった。TFFのプロモーション・ビデオにも幾度となく登場している。「チェンジ」(2人の覆面をした音楽家のうちの1人を演じる)、「マザーズ・トーク」(バージョン1とバージョン3)、「シャウト」「ルール・ザ・ワールド」「ヘッド・オーバー・ヒールズ」など。そして、数多くのテレビ番組でバンドと共に演奏を行った。1983年のライブ・ビデオ『In My Mind’s Eye』やドキュメンタリー・フィルム『シーンズ・フロム・ザ・ビッグチェア』にも登場している。バンドとしては、2回にわたる世界ツアーを行った。

1986年には、プロジェクト「Mancrab」で、ローランドと協力して映画『ベスト・キッド 2』のサントラのためのシングル「フィッシュ・フォー・ライフ」をリリースした。TFFと共に3枚目のアルバム『シーズ・オブ・ラブ』のためにスタンリーも作業を始めたものの、創造性の違いからプロジェクトを離脱(クリス・ヒューズと共に)。しかしながら、彼の貢献はシングル「シーズ・オブ・ラブ」や、B面曲「オールウェイズ・イン・ザ・パスト」「マイ・ライフ・イン・ザ・スーサイド・ランク」に聞きとることができる。

スタンリーは音楽プロデューサーとして1980年代から、ロイド・コール・アンド・ザ・コモーションズ、a-haプリテンダーズ、ウルトラ、リパブリカ、ネイミー・コールマン、ステファニー・カーカム、ナタリー・インブルーリアプロパガンダヒューマン・リーグトーリ・エイモスシスターズ・オブ・マーシーといったアーティストをプロデュースしてきている。スタンリーはワーナーズ・イースト・ウエスト・レコーズのA&Rも担当したが、1998年に離職している。最近の代表的な仕事は、ザ・ビューティフル・サウスのアルバム『スパービ』。

関連項目[編集]