アーヴ・カネモト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アーヴ・カネモト

アーヴ・カネモト (Erv Kanemoto1943年5月7日 – ) はアメリカ合衆国ユタ州出身のオートバイメカニック、レーシングチームのオーナー。

経歴[編集]

農家の息子として生まれ、彼のメカニック人生は10代の頃ボートレース用のエンジンに触れることから始まった。後には彼のきょうだいのためにカートエンジンチューンを行うようになった。

1968年、カワサキにレースメカニックとして雇われた。1973年にはライダーのゲイリー・ニクソンと組み、速いが扱いにくい2ストローク3気筒750ccのカワサキ・H2RでU.S.国内ロードレース選手権を制した。

1979年にニクソンが引退すると、カネモトはヤマハに移り、若いフレディ・スペンサーと組んで250ccクラスの国内選手権を制した。翌1980年もスペンサーと組み、1981年にはロードレース世界選手権のヤマハチームメカニックとしてヨーロッパに渡り、元500ccクラスワールドチャンピオンのバリー・シーンと組むことになった。

カネモトはその後ホンダに移籍し、フレディ・スペンサー1983年の500ccクラスチャンピオン、1985年の500cc、250ccダブルチャンピオンの栄光に導いた。

カネモト・レーシング[編集]

カネモト・レーシング
2002年
チーム名
チーム・カネモト・ホンダ
本拠地 アメリカ合衆国の旗 アメリカカリフォルニア州トレイシー
代表 アーヴ・カネモト
ライダー 16 ユルゲン・ファン・デン・グールベルク
マシン ホンダ・NSR500
タイヤ ブリヂストン
ライダーズ
チャンピオン
4回
1989年 500cc エディ・ローソン
1991年 250cc ルカ・カダローラ
1992年 250cc ルカ・カダローラ
1997年 250cc マックス・ビアッジ
1989年 ロスマンズ・カネモト・ホンダNSR500を駆るエディ・ローソン

1989 - 1990[編集]

1989年にカネモトは独立し、自らがオーナーのカネモト・レーシングを設立する。エディ・ローソンを擁してロスマンズ・カネモト・ホンダとして500ccクラスに参戦、HRC直営ワークスチームを破り、初年度にして見事チャンピオンに輝いた。翌1990年にはローソンに代わりワイン・ガードナーと組んだが、二度のクラッシュが影響しシーズン2勝・シリーズ5位に終わった。

1991 - 1992[編集]

1991年は250ccクラスにエントリーし、ルカ・カダローラをチャンピオンに導く。15戦中8勝、12戦で表彰台に立つ圧倒的な勝利だった。翌1992年には250ccと500ccの両クラスに参戦し、250ccクラスではカダローラが2連覇を果たした。一方500ccクラスでは再びガードナーと組んだが、開幕戦で右足を骨折してしまい、代役として2戦出場したダリル・ビーティーが3位と6位を記録した。その後復帰したガードナーは1勝を収めるが、この年で引退することになった。

1993 - 1994[編集]

1993年からは再び250ccクラスのみのエントリーに戻る。マックス・ビアッジ青木宣篤のペアを擁し、それぞれが1勝、ビアッジがシリーズ4位、宣篤がシリーズ11位に入った。1994年にはワークスホンダと同様ロスマンズのスポンサードを失い、HRCワークスカラーでの参戦となった。全日本ロードレース選手権チャンピオンの岡田忠之を擁し、岡田はシーズン2勝、シリーズ2位に入る活躍を見せた。

1995 - 1996[編集]

1995年にチームは500ccクラスに復帰した。アレックス・バロスを擁してMobilカラーのマシンで参戦し、シリーズ7位の成績を収めた。1996年にはかつての盟友カダローラと再び組み、シーズン2勝・シリーズ3位に入る活躍を見せた。カダローラの駆ったNSR500は、大きなスポンサーのない純白のカラーリングだった。

1997 - 1998[編集]

1997年は250ccクラスに戻り、再びビアッジと組んでマルボロ・チーム・カネモト・ホンダとして参戦。前年までアプリリアでクラス3連覇を果たしていたビアッジは、シーズン5勝で見事4連覇を達成する。翌1998年はマルボロ、ビアッジと共に500ccに移り、開幕戦で優勝を果たしたビアッジはシーズン2勝、シリーズ2位に入る活躍を見せた。

1999[編集]

1999年にはビアッジに代わりジョン・コシンスキーがチームに加入、メインスポンサーを失い、ブルーのカラーリングのNSR500でシーズンを戦った。開幕戦でポールポジションを獲得したものの、思ったような結果を残せず、コシンスキーはシリーズ8位に終わった。資金難に苦しんだチームは、この年をもってGP参戦を一時休止することになる。

2000-2002[編集]

2000年からは、最高峰クラス参戦を目指すブリヂストンと契約を結び、開発担当チームとしてテストをおこなうようになった。2002年にはタイヤの実戦テストを目的に、同社のスポンサードを得てユルゲン・ファン・デン・グールベルクをライダーに擁してGPに復帰を果たした。しかしこの年からMotoGPに改称され、4ストローク車勢有利となっていた最高峰クラスでは、2ストロークのNSR500では満足な結果は残せず、グールベルクはシリーズ13位に終わった。この年以降、カネモト・レーシングの世界選手権への参戦は行われていない。

チーム休止後の活動[編集]

チームとしての参戦休止後も、アーヴ・カネモトはMotoGPとの関わりを保った。2004年には、スズキMotoGPチームにテクニカルコンサルタントとして招かれ、ケニー・ロバーツJr.と組んだ。翌2005年にはレプソル・ホンダチームにテクニカルディレクターとして招かれ、かつての盟友マックス・ビアッジと組むことになった。

受賞歴[編集]

2001年、アーヴ・カネモトはオートバイの殿堂(Motorcycle Hall of Fame)入りを果たした。

外部リンク[編集]