アーロン・ラッフィー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アーロン・ラフィー
Aaron Laffey
ワシントン・ナショナルズ(マイナー)
Aaron Laffey on August 16, 2012.jpg
ブルージェイズ時代(2012年8月16日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 メリーランド州カンバーランド
生年月日 1985年4月15日(29歳)
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2003年
初出場 2007年8月4日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

アーロン・スティーヴン・ラッフィー: Aaron Steven Laffey, 1985年4月15日 - )は、アメリカ合衆国メリーランド州カンバーランド出身のプロ野球選手投手)。左投左打。

経歴[編集]

インディアンズ時代[編集]

高校を卒業後、一時はバージニア工科大学への進学話が進んでいたが、2003年のMLBドラフト16巡目でクリーブランド・インディアンズから指名され、7月1日に契約を結んだ。ルーキーレベルのバーリントン・インディアンスに所属し、先発4試合を含む9試合に登板、3勝1敗、34回で46奪三振の成績をあげた。

2004年、シングルAのマホニングバレー・スクラッパーズで8試合に先発し、3勝1敗、防御率1.24、同じくシングルAのレイクカウンティ・キャプテンズで19試合に登板し、3勝7敗、防御率6.53であった。

2005年、レイクカウンティで142回1/3を投げて、7勝7敗、防御率3.22の成績を残し、AAのアクロン・アエロズに昇格し1試合で登板、5回を投げて2失点、6奪三振で勝利をあげた。

2006年、シングルAアドバンスドのキンストン・インディアンスで4勝1敗、防御率2.18の成績をあげ、AAのアクロン・アエロズでも19試合に登板し、8勝3敗、防御率3.53の成績を残した。

2007年、アクロンで6試合に先発し、4勝1敗、防御率2.31、AAAのバッファロー・バイソンズでも7勝3敗、防御率3.28の成績をあげた彼はクリーブランド・インディアンズに昇格した。同年8月4日、ミネソタ・ツインズ戦でメジャーデビューを果たした。2度目の先発となった8月9日、ホワイトソックス戦でメジャー初勝利をあげた。8月10日、バッファローに戻されたが、8月25日に再昇格した。

2008年のトレーニングキャンプではローテーションの5番手をクリフ・リーと争ったが敗れて、AAAのバッファローに送られた。その後、ジェイク・ウエストブルックが負傷したことから、昇格、5月には、34イニングを投げて3勝2敗、防御率0.79の成績をあげて、アメリカンリーグ最優秀新人に選ばれた。

マリナーズ時代[編集]

2011年3月2日にトレードでシアトル・マリナーズへ移籍した。マリナーズでは42回2/3を投げて防御率4.01だった。8月17日にDFAとなった。

ヤンキース時代[編集]

ヤンキース時代(2011年9月8日)

2011年8月19日にウェーバーでニューヨーク・ヤンキースに獲得され、翌日のミネソタ・ツインズ戦で移籍後初登板した。その翌日にアレックス・ロドリゲスが復帰するためDFAとなったが、9月のロースター枠拡大にあたり、再昇格しリリーフを務めた。

10月11日にウェーバーでカンザスシティ・ロイヤルズへ移籍したが、1試合も登板することなく、12月12日に放出された。

ブルージェイズ時代[編集]

2011年12月30日、トロント・ブルージェイズとマイナー契約を結んだ。

2012年はAAA級ラスベガス・フィフティワンズで開幕を迎え、11試合に登板。3勝5敗、防御率4.52だった。6月13日にメジャー昇格した。この年は22試合に登板し、4勝6敗、防御率4.56だった。10月10日にFAとなった。

メッツ時代[編集]

2012年12月27日にニューヨーク・メッツとマイナー契約を結んだ。

2013年4月6日にメジャー昇格。4試合に登板し、防御率7.20だった。4月21日にDFAとなった。

ブルージェイズ時代[編集]

2013年4月23日に、ウェーバーでトロント・ブルージェイズに復帰。ジョシュ・ジョンソンの故障離脱に伴い、即ロースター入り。4月26日のヤンキース戦では、そのジョンソンの先発ローテーションの穴を埋める形で初登板した。同日にDFAとなり、4月28日にAAA級バッファロー・バイソンズへ降格。4月29日にFAとなった。

ドジャーズ傘下時代[編集]

2013年4月30日、ロサンゼルス・ドジャースとマイナー契約を結んだ。AAA級アルバカーキ・アイソトープスで12試合に登板し、4勝3敗、防御率5.61だった。7月2日にFAとなった。

ブルワーズ傘下時代[編集]

2013年7月11日にミルウォーキー・ブルワーズとマイナー契約を結んだ。AAA級ナッシュビル・サウンズで11試合に登板し、2勝5敗、防御率7.25だった。11月5日にFAとなった。

ナショナルズ傘下時代[編集]

2014年1月23日にボルチモア・オリオールズとマイナー契約を結んだ[1]が、3月24日に放出された。3月29日にワシントン・ナショナルズとマイナー契約を結んだ。

選手としての特徴[編集]

持ち球にスライダーチェンジアップを持っている。

脚注[編集]

  1. ^ Brittany Ghiroli (2014年1月23日). “Laffey signs with O's on Minor League deal”. MLB.com. 2014年1月29日閲覧。

外部リンク[編集]