アーレス (プロレスラー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アーレス
アーレスの画像
プロフィール
リングネーム アーレス
本名 Marco Jaggi
ニックネーム スイスのネクタイ王子
身長 181cm
体重 102kg
誕生日 1980年1月12日(34歳)
出身地 スイスの旗
所属 wXw
デビュー 1998年
テンプレートを表示

アーレス(Ares、1980年1月12日 - )は、スイスチューリッヒ出身の男性プロレスラーである[1] 。身長181センチメートル、体重102キログラム。1998年デビュー。 wXw(ウエストサイド・エクストリーム・レスリング)を主戦場とし、日本ではプロレスリング・ノアに参戦した。

略歴[編集]

スキンヘッドワイシャツネクタイスラックスという特異なコスチュームで闘い、試合中に乱れたネクタイを整え直すパフォーマンスが名物となっている個性派レスラー。しかし、その奇抜な風貌や行動とは裏腹で、レスリングのベースは確かであり、キャッチ・アズ・キャッチ・キャン(欧州スタイルのプロレス)の経験がある[2]

1998年にドイツでおよそ17歳の時にプロレスラーとしてのデビューを行い[1]、やがてドイツウエストサイド・エクストリーム・レスリング(wXw)を主戦場とするようになった。[3] この団体ではヘビー級王座やタッグ王座を幾度も獲得。[4] 以降はドイツのwXwやGSW(ジャーマン・スタンピード・レスリング)、オーストリアのRoE(リングス・オブ・ヨーロッパ)、フランスのFSF(フレンチ・スタンピード・フェデレーション)、さらにはイギリス、スイス、イタリアなど欧州各国を転戦し、各タイトルを奪取。加えてアメリカのインディー・マットにも遠征する[2]

2005年、欧州遠征中の小橋建太とwXwマットでシングル・マッチで対決。ワイシャツを剥がされた上で強烈なチョップを浴び、完膚無きまで叩き潰され、最後は剛腕ラリアットでとどめを刺された[2]

2006年10月、ムーラット・ボスポラス等、欧州で活動する選手とともにプロレスリング・ノアに初参戦・初来日した[2]

2007年にはイギリスリバプールで開かれたキング・オブ・ヨーロッパ杯という名高いプロレス大会に出場。2008年にはIWAミッドサウスの大会に参加し、2010年からチカラの大会に参戦し始めるなど、欧州大陸を飛び出しての活動も見られるようになった。[3]

スイスの大金持ちというギミックで、試合も袖無しのワイシャツにネクタイというコスチュームで行う。入場時にはジャケットを羽織り、アタッシュケースを提げて登場する。相手の技を受ける前にネクタイを締め直すムーブが特徴である。

タイトル歴[編集]

得意技[編集]

参考文献・参考サイト[編集]

  • プロレスリング・ノア『Autumn Navigation'06』公式パンフレット

脚注[編集]

  1. ^ a b ケージマッチ:アーレス (ドイツ語)
  2. ^ a b c d プロレスリング・ノア『Autumn Navigation'06』公式パンフレット
  3. ^ a b ケージマッチ:アーレス>試合歴 (ドイツ語)
  4. ^ ケージマッチ:アーレス>戴冠歴 (ドイツ語)

外部リンク[編集]

関連項目[編集]