アール・ワイルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アール・ワイルドEarl Wild, 1915年11月26日 - 2010年1月23日)はアメリカ合衆国ピアニスト作曲家

人物[編集]

19世紀ヴィルトゥオーゾの伝統を引き継いだことを自負しており、正統的なレパートリーよりは、専らトランスクリプションや編曲を好んで演奏している。ジャズガーシュウィンの演奏でも有名。

ペンシルベニア州ピッツバーグ出身。神童としてエゴン・ペトリほかに師事した。10代で作曲を始め、ロマン派音楽のトランスクリプションも手がける。1942年トスカニーニに招かれ、ガーシュウィンの《ラプソディー・イン・ブルー》によってオーケストラと初共演を行い、大々的な成功を収め、名声を確かなものにした。第二次世界大戦中は海軍に仕官し、退役後は新設されたABCに、局内ピアニスト・指揮者・作曲家として1968年まで活動した。

アメリカ合衆国ピアノ界の最長老にもかかわらず、年齢を感じさせない正確なメカニックにより、演奏活動や録音のかたわら、世界各地でマスタークラスを主宰しており、とりわけ北京ソウル東京での活動が知られていた。2004年9月に倒れたが、手術を受け、自宅療養を続けた後、2005年11月29日カーネギー・ホールで生誕90周年祝賀コンサートを開催した。

自作の大作では、ラフマニノフの《パガニーニ狂詩曲》と似た構成の、《フォスターの「草競馬」による変奏曲》(1992年[1]、「リッキー・マーティン風のトッカータ」と題された終楽章を持つ《ピアノソナタ》(2000年)がある。88歳で制作したCDは、グラミー賞に輝いた。

2010年1月23日心不全のために逝去[2]。94歳没。

脚註[編集]

  1. ^ 初演メンバー(作曲者のピアノ独奏とジョゼフ・ジウンタ指揮/デイモン交響楽団)による録音が出ている。[1]
  2. ^ Earl Wild, Pianist, Dies at 94 New York Times 2010-1-23閲覧

外部リンク[編集]