アーモン・ゲート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アーモン・レオポルト・ゲート
Amon Leopold Göth
Amon goeth 1946.jpg
1946年のアーモン・ゲート
渾名 「ルブリンの血に飢えた犬」
「プワショフの屠殺人」
生誕 1908年11月11日
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア・ハンガリー帝国
ウィーン
死没 1946年9月13日
Flag of Poland.svg ポーランド共和国
クラクフ
所属組織 Flag Schutzstaffel.svg 親衛隊(SS)
軍歴 1930年‐1945年
最終階級 親衛隊大尉
除隊後 絞首刑
テンプレートを表示

アーモン・レオポルト・ゲートAmon Leopold Göth, 1908年12月11日1946年9月13日)は、ナチス・ドイツ親衛隊将校
第二次世界大戦中、クラクフ・プワシュフ強制収容所の所長を務めていた彼は、クラクフ・ゲットーやプワシュフ収容所などにおけるユダヤ人の虐殺に責任を負う。戦後、ポーランドの法廷から戦争犯罪人として起訴され、死刑判決を受けて刑死した。親衛隊における最終階級は親衛隊大尉 (SS-Hauptsturmführer)[1]

映画『シンドラーのリスト』の悪役として知られる。愛称はモニー (Mony)[2]

生涯[編集]

生い立ち[編集]

オーストリア=ハンガリー帝国の首都ウィーンにアーモン・フランツ・ゲート (Amon Franz Göth) と その妻ベルタ(Bertha、旧姓: シュヴェント〈Schwendt〉)の間の一人息子として生まれた。父フランツは軍事専門書を扱う「アーモン・フランツ・ゲート出版社 (Verlagsanstalt Amon Franz Göth)」のオーナーだった。ゲート家は中産階級の上部に位置し、カトリックを熱心に信仰する家庭であった。父フランツは海外出張が多く、母ベルタがその留守に会社を預かって経営を行っていた。両親ともに仕事が忙しかったため、父方の叔母のケーテ (Kathy) がゲートを養育した[2][3]

ゲートはウィーンの小学校を卒業した後、実科ギムナジウムを出る。その後、ヴァイトホーフェン・アン・デア・ターヤ (de:waidhofen an der Thaya) の大学で経済学を学んだ[4][3]

卒業後にはウィーンに戻り、父の会社で働いた[4]

ナチス親衛隊[編集]

学生時代からナチズムに共感し、1925年国家社会主義ドイツ労働者党オーストリア支部(オーストリア・ナチス)の青年組織に参加した[3]。やがて不統一なオーストリア・ナチスより護国団の方に惹かれ、1927年には護国団の中でも特に反ユダヤ主義が強い「シュタイアーマルク郷土防衛 (de:Steirischer Heimatschutz)」のウィーン支部に入団した。しかし1930年にオーストリア・ナチスと護国団の議会選挙の共闘の試みが失敗した後には、ナチスに賛同してシュタイアーマルク郷土防衛から離れている[5]

1931年5月31日にナチ党に正式な党員として入党している(党員番号510,764)[5][1]。1932年に親衛隊 (SS) に入隊した(隊員番号43,673)。1930年入隊とする資料も存在するが、正規の入隊は1932年であると思われる)[5]。1933年春に親衛隊軍曹 (SS-Scharführer) に昇進[6]

ドイツでナチ党が政権を取った1933年、オーストリアではナチ党への警戒心が高まり、ナチ党は非合法政党にされた。オーストリアのSS部隊はテロ活動を本格的に行うようになった。ゲートも1933年に反ナチ的なオーストリア政府公務員に対して暗殺テロを行い、ドイツへ国外逃亡している。以降ゲートはドイツとオーストリアを密入国で行き来するようになった。1934年7月にナチ党員によるオーストリア首相エンゲルベルト・ドルフースの暗殺事件があり、オーストリアで6000人のナチ党員が逮捕された。ゲートもこの際に逮捕された一人だった。しかしゲートは脱走に成功し、ドイツのミュンヘンへ逃れている[6]

ミュンヘンで家業の出版業に従事していたが、1938年春にアンシュルス(ドイツによるオーストリア併合)があると、ウィーンに戻った。また親衛隊のフルタイム隊員となり、ウィーンに駐留する一般親衛隊部隊に所属した。親衛隊人種移住本部の許可を得て1938年10月23日にアニ-・ガイガー (Anny Geiger) と結婚した。彼女との間に三人の子供を儲けている。1940年11月に親衛隊曹長 (SS-Oberscharführer) に昇進した[7]

1940年にカトヴィッツ(旧ポーランド領。ポーランド侵攻後、ドイツ領に編入された)へ派遣され、ドイツ民族対策本部 (VOMI) カトヴィッツ支部で現地のドイツ民族を保護・編入する作業にあたった[8][7]。1941年11月には親衛隊少尉 (SS-Untersturmführer) に昇進[9]。1942年8月からは「ラインハルト作戦」の執行責任者であるルブリン地区警察指導者オディロ・グロボクニク親衛隊少将の事務所で勤務し、ルブリン・ゲットーはじめ各地のゲットー解体の作戦に従事して「活躍」する[10]。その残虐さからゲートは「ルブリンの血に飢えた犬」と呼ばれた[11]

プワシュフ収容所所長[編集]

プワシュフ収容所内に残るゲートの住居。このバルコニーから囚人を狙撃していた

この「功績」でゲートは、1943年2月11日に「クラカウ(クラクフ)地区親衛隊及び警察指導者のプラショフ(プワシュフ)強制労働収容所」 (Zwangsarbeitslager Plaszow des SS– und Polizeiführers im Distrikt Krakau) の所長に任命される。親衛隊少尉クラスとしては異例の所長就任であった。1943年3月13日から3月14日にかけて行われたクラクフ・ゲットーの解体もゲートが陣頭指揮をとっており、大勢のユダヤ人を殺害しつつ、働ける者は自らの強制収容所へと移送した。1943年7月にはフリードリヒ・ヴィルヘルム・クリューガーSS大将とユリアン・シェルナーSS准将から推薦を受けて二階級特進があり、親衛隊大尉 (SS-Hauptsturmführer) となった[12][13]

所長になったばかりの1943年春から夏にかけてはプワシュフ収容所は、ゲートの限界を知らぬ殺戮によって支配されたという[14]。身長192cm、体重120kgの巨漢であったゲートは、すぐにサディスト的性向を示し、毎朝狙撃銃で囚人を狙撃し、その遺体をロルフとラルフと名付けた二頭の飼い犬に食いちぎらせることを日課としていた。ゲートに直接殺害された囚人は500人以上にのぼり、そのため「プワショフの屠殺人」というあだ名をつけられることになった。囚人を処刑したのちはその記録を逐一記録カードに収めた。これはその親類も残さず抹殺するという目的があり、収容所に不満分子が残ることを恐れたための措置であった。しかしプワシュフ収容所が親衛隊経済管理本部 (WVHA) 管轄の強制収容所 (Konzentrationslager) となった1944年1月以降にはゲートも恣意的な射殺を控えざるを得なくなったという[15]。親衛隊経済管理本部は看守が奴隷労働力たる強制収容所囚人を恣意的に殺害することに目を光らせていたためである。

ゲートは部下の親衛隊員に対しても冷酷に接し、ささいな罪状で親衛隊の規律委員会や警察に引き渡した[16]。さらに自身はおおっぴらに闇取引を行った。ゲートは国庫に収められるべきユダヤ人から没収した財産を横領していた。彼の部下の親衛隊員たちはがまんの限界に達し、親衛隊捜査判事コンラート・モルゲン博士 (de:Konrad Morgen) に訴状を送っている。その中には「我が軍の兵士が東部戦線で死んでいるのに、ゲートはパシャのように暮らしている」と書いてあった[17]

プワシュフ収容所はブラシ、ガラス製品、繊維製品、靴の製造を行っていたが、いずれも戦争遂行に絶対的に必要な物とは言えなかったため、この収容所は常に閉鎖の危険があった。しかしまるまると肥っており、重い糖尿病を患っていたゲートは戦場に送られることを嫌がり、なんとか贅沢三昧な生活を続けようとプワシュフ収容所の存続に努力していた[18]

逮捕[編集]

1944年9月13日、休暇中で故郷ウィーンに帰っていたゲートは、親衛隊中佐コンラート・モルゲン (de:Konrad Morgen) 博士によって横領容疑と囚人虐待容疑により現地で逮捕された[19]。ルブリン強制収容所所長ヘルマン・フロアシュテットブーヘンヴァルト強制収容所所長カール・オットー・コッホも同罪によりモルゲン博士によって逮捕され、処刑されている。

しかし1945年初頭、証拠不十分でミュンヘンの裁判所はゲートに無罪判決を出している。しかしゲートは親衛隊からは除隊することとなった[20]。またこの間の拘置所生活でゲートはだいぶ痩せた[21]

なお1945年1月にはブリュンリッツ (de:Brünnlitz) のオスカー・シンドラーの工場を訪問している。シンドラーは怯えるユダヤ人たちに「何も心配することはない。彼はもはや単なる民間人にすぎない。」と述べて安心させたという[22][23]

戦後[編集]

1945年8月29日に撮影された囚人アーモン・ゲート

ダッハウ強制収容所の跡地に設けられた捕虜収容所に収容されたゲートは、ドイツ国防軍の制服に着替え、アメリカ軍に対し自分は復員兵であると申告した。しかし正体がばれ、アウシュヴィッツ強制収容所所長のルドルフ・ヘスと共にポーランドに護送された。

1945年7月にクラクフに護送されたゲートに対し、8月から9月まで裁判が行われた。ゲートにかけられた罪状は、プワショフ収容所における8000人殺害の責任、クラクフ・ゲットーにおける2000人の虐殺に対する共同責任、いくつかの収容所での数百人の処刑に対する責任だった。検察側証人として法廷に呼んだユダヤ人の名前を読み上げる検察官に向かいゲートは「何? そんなにたくさんのユダヤ人だって? 一人も残りはしないだろうという話だったのに」と叫んだ。

ゲートは死刑判決を受け、翌年9月13日にクラクフにて執行された。 方法は絞首刑であったが、執行当日はロープが切れるなどして2度失敗し、3度目にしてようやく絶命した。 なお、その様子は、現在でも動画投稿サイトなどで目にすることができる。

家族[編集]

1938年10月23日にウィーンインスブルック出身のアニ-・ガイガー (Anny Geiger) と最初の結婚をしている[24]。この女性との間に三人の子供を儲けている。長男ペーターは生後9か月で死去。長女インゲ (Inge) は1990年代初めに死去。次男ヴェルナー (Werner) は1960年代の終わりに死去した[25]

しかしプワシュフの所長をしていた頃、オスカー・シンドラーの秘書だったルート・イレーネ・カルダー (Ruth Kalder) と恋仲になり、プワシュフ収容所所長の邸宅で一緒に暮らした。やがて情が移り、アニーと離婚してルートと再婚した。ルートは1945年11月にモニカ・クリスチアーネ・ゲートを出産した。モニカの娘イヴァッテは息子にダーヴィット・アーモン・ゲートと名付けている。

2002年、マティアス・ケスラーはモニカに二日間にわたるインタビューを行い、その内容を書物『Ich muss doch meinen Vater lieben, oder?』(邦題: 「それでも私は父を愛さざるをえないのです 『シンドラーのリスト』に出てくる強制収容所司令官の娘、モニカ・ゲートの人生」)にまとめて出版している。彼女は2005年にインタビューで「父親の行いは恐ろしく、忌むべきものだった。その記録が詳細に残されているのは良いことだ。まだ生存している戦争犯罪人は追及されるべきだ」と発言している(外部リンク)

『シンドラーのリスト』[編集]

スティーブン・スピルバーグ監督の映画『シンドラーのリスト』(1993年)では、ゲート役をレイフ・ファインズが演じた。収容所でゲートが行った非人道的行為も描写されている。このためか、ゲートの所業を知る当時の生存者がプワシュフ収容所の場面の撮影現場に訪れた際は、誰一人としてファインズの側に近寄らなかったという。ファインズが演じたゲートのキャラクターは、2003年アメリカ映画協会が行った、アメリカ映画100年の悪役ベスト50で15位に選ばれた。

参考文献[編集]

日本語文献

英語文献

  • David Crowe (2007) (英語). Oskar Schindler: The Untold Account of His Life, Wartime Activites, and the True Story Behind the List. Basic Books. ISBN 978-0465002535. 
  • French L. MacLean (1999) (英語). The Camp Men: The Ss Officers Who Ran the Nazi Concentration Camp Systemt. Schiffer Pub Ltd. ISBN 978-0764306365. 

出典[編集]

  1. ^ a b MacLean,p.87
  2. ^ a b ケスラー、p.73
  3. ^ a b c Crowe,p.218
  4. ^ a b ケスラー、p.351
  5. ^ a b c Crowe,p.219
  6. ^ a b Crowe,p.220
  7. ^ a b Crowe,p.224
  8. ^ ペンパー、p.75
  9. ^ ペンパー、71ページ
  10. ^ ペンパー、71・76ページ
  11. ^ Crowe,p.227
  12. ^ ペンパー、p.73
  13. ^ Crowe,p.233
  14. ^ ペンパー、150ページ
  15. ^ ペンパー、p.144
  16. ^ ペンパー、168ページ
  17. ^ ペンパー、169ページ
  18. ^ ペンパー、110ページ
  19. ^ ペンパー、167ページ
  20. ^ ケスラー、352ページ
  21. ^ ケスラー、85ページ
  22. ^ ケスラー、86ページ
  23. ^ ペンパー、195ページ
  24. ^ Crowe,p223
  25. ^ ケスラー、49ページと353ページ