アーメス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アーメス英語:Ahmes生没年不詳)は、エジプト第2中間期第12王朝アメンヘムハト3世英語版の時代に活躍した古代エジプト書記官[1]エジプト数学に関していち早く貢献したとされる[2][3]。なお、本名アフモセAhmose)である。

紀元前1650年前後にヒエラティックで書かれた数学文書『アーメス・パピルス(リンド数学パピルスとも)』を筆写した。

脚注・参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ グランド現代百科事典 1983, p. 21.
  2. ^ Pickover, Clifford A. (2009), The Math Book: From Pythagoras to the 57th Dimension, 250 Milestones in the History of Mathematics, Sterling Publishing Company, Inc., p. 36, ISBN 978-1-4027-5796-9 .
  3. ^ Derbyshire, John (2006), Unknown quantity: a real and imaginary history of algebra, National Academies Press, p. 29, ISBN 978-0-309-09657-7 .

参考文献[編集]

  • 『グランド現代百科事典 1 ア - アメリカサ』 鈴木泰二学習研究社(原著1983年6月1日)(日本語)。
  • 数学史”. 2013年5月6日閲覧。