アーマード・コア ネクサス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アーマード・コア ネクサス
ジャンル 3D戦闘メカアクション
対応機種 PS2
開発元 フロム・ソフトウェア
発売元 フロム・ソフトウェア
人数 1〜4人
i.LINKケーブルまたはLANケーブル使用で最大4人まで、モデム通信で最大2人までの対戦が可能 
メディア DVD-ROM2枚
発売日 2004年3月18日
2004年8月5日(廉価版)
テンプレートを表示

アーマード・コア ネクサス』(ARMORED CORE NEXUS)は、フロム・ソフトウェアから発売されたプレイステーション2用ロボットアクションゲームであり、アーマード・コアシリーズの8作目である。通称はNX(NeXus)。キャッチコピーは「アーマード・コア、新生!その意思が、すべてを変える。」。2004年3月18日発売。2004年8月5日に廉価版が発売された。

特色[編集]

メインストーリーを収録したエボリューションディスクと、PSACのミッションをNXの仕様でリメイクしたものやファンサービスの設定画像等のおまけ要素を入れたレボリューションディスクの2枚組。

熱量システムの仕様変更
本作以降は、通常ブーストでも熱が発生するようになり、OBの熱仕様も発動時に一定量の熱上昇から徐々に上昇に変更された。OB使用待機時(チャージ中)にブースタを使用すると、OBの熱量とブースタの熱量が加算され莫大な熱量が蓄積されてしまう。さらに、オーバーヒートした際、APが減るのではなく、まずはエネルギーが減少するように変更されている。このような仕様を見越してか、ミッションでは、従来から存在したブーストで上昇するミッションが減少しており、全体的な難易度調整がされている。
強化人間の廃止
AC・AC2では隠し要素として、AC3ではオプショナルパーツを装備することで主人公が強化人間になることができたが、ネクサスではそれが廃止された。但し、敵キャラクターの中には強化人間と同様の補正を受けたものがいる。本作では、「ブレード光波」を使うことは可能である。
操作方式の選択
本作以降、操作方式がAタイプ(FPSゲームに近い操作)とBタイプに分けられた。前者はL1ボタン、R1ボタンをトリガーに見立てたもので、従来の方式であるBタイプとは根本的に別物である事から、古株のプレイヤーにはBタイプを今でも使用する者は多く見られる。
ハンガーユニット&チューニング
本作以降は、コアの機能に新たにハンガーユニットが追加された。これはハンドガンやパルスライフル等、一部の小型銃器やブレードなどをコアに格納しておくというもので、元々装備している腕用装備をパージすると自動的に装着される。また、パーツのチューニングが可能になった。NXではチューニングに金がかかり、そのためかミッションの報酬が高額である。一度チューニングすると売却・再購入しない限り戻せない。
その他
4人対戦ではi.LINK接続以外にLAN接続が可能になった。また、従来は最低でもソフト2本必要であったが、本作ではソフト1本(ディスク2枚)で4人対戦が可能である。
本作のCMナレーションは保志総一朗が担当した。ゲーム中には登場しない。
オープニングムービーでの音声に、ドルビーデジタル5.1chが追加された。

ストーリー[編集]

SLの時代から約半世紀。企業はその版図をさらに拡大していたが、その過程で新興企業であるナービス社が「資源」と呼ばれる旧世代の遺物を発掘し、これが更なる騒乱の激化へと繋がる事となる。最終的には旧世代兵器の起動によって地上は壊滅的打撃を受けることとなる。

メインキャラクター[編集]

オペレーター
最初にアークから担当として配属されるオペレーター。キャリアウーマンらしい硬い話し方と声。
あまり親しげな様子は無いが、企業の動向やナービス領の動静などを積極的に調べてアナウンスしてくれる。
オペレーター(2代目)
ストーリー中盤、ジャック・Oがレイヴンズアークを掌握した際に、主人公のオペレーターとして新たに配属される。
前任者と比較して若々しい声。オペレーターとしては未熟なのか、感情が表に出やすい。
ジノーヴィー (声:岸祐二
レイヴンズアーク所属のレイヴンにしてアリーナのトップランカー。全てクレスト製パーツで構成された中量2脚AC"デュアルフェイス"を駆る。
機体が全てクレスト製パーツで構成されている背景には、彼とクレストとの間に専属契約が交わされていることが挙げられる。とはいえ、専属契約はアークから禁止されているためか、キサラギ及びナービスからの依頼も少数受けている(ミラージュの依頼は受けていない)。
戦法は背部に装備したグレネードランチャーを主軸にしたもの。
アグラーヤ
クレストに所属するACパイロット。デュアルフェイスと同様に全てのパーツをクレスト製でまとめた軽量2脚AC"ジオハーツ"を駆り、『赤い星』の異名を持つ。ステージ中盤のミッションにて、偽の依頼に誘き出された結果撃破され行方不明(恐らくは死亡)となる。
エヴァンジェ
主人公と同時期にレイヴンとなった男。中量2脚AC"オラクル"(NXのOPムービーに登場する機体と同一アセンブルの機体)を駆る。
本作の後日談であるLRにおいては主要キャラとして登場するが、この時点ではストーリーに直接関与することは無く、主人公と2回アリーナで戦うのみでミッションには登場しない。
作中ではクレストとの専属契約が発覚し、アークを追放されたはずなのだが、ゲームオーバー時に流れるムービーでは何故かミラージュの旗を掲げている。
ジャック・O(声:岸祐二
重量2脚AC"フォックスアイ"を駆るレイヴン。
物語後半で、企業との接触を図ったレイヴンズアーク上層部を追放し、新体制を築き上げる(これに合わせて主人公のオペレーターも変更されている)。
ピン・ファイアー
四脚AC"バレットライフ" を駆るレイヴン。「ナービス採掘場攻略」で敵として出現。彼を倒すと差出人不明のメールの後、息子リム・ファイアーが現れる。このミッションをスルーすればフリーアリーナで対戦できる。その代わりにリム・ファイアーは現れない。
レイヴンネームの意味は雷管・弾薬の撃発方式(カニ目打ち式)から。機体名は直訳すると「弾丸人生」。
トラッシャー
重量2脚AC"フェルムスレイヴ "を駆るレイヴン。「コイロス浄水施設強奪」に現れる増援の片割れ。口調が荒っぽい方。
また、倒すとランキングから名前が消え、後にヴェルンハントとアリーナで戦うことに。
ヴェルンハント
中量2脚型AC"グレートデン"を駆るレイヴン。「コイロス浄水施設強奪」に現れる増援の片割れ。口調が落ち着いている方。
倒すとランキングから名前が消え、後にトラッシャーとアリーナで戦うことに。
クイン・クラフティー
フロートAC"ウォッチャー"を駆るレイヴン。両腕部のパルスライフルと両肩部のミサイルをエネルギー残量に応じて使い分け、常時移動して戦う。
「駐屯地攻撃部隊排除」の僚機。作戦行動に時間をかけ過ぎると彼から忠告を受ける。
フラージル
武器腕を装備した重量2脚AC"ダ・ルーイン"を駆るレイヴン。クレスト支社にACを強奪される。
「反乱部隊殲滅」に強奪ACが登場するが、交戦することはない。
デューク・スキュータム
4脚型AC"ブラッドブレッジ"を駆るレイヴン。レーザー銃を主体として攻撃を組み立てるが、エネルギー残量が減少すると、相手に接近しながらのチェインガン射撃に移行する。「駐屯地攻撃部隊排除」に登場。
ローナー・コーナー
タンク型AC"サッドスマイル "を駆るレイヴン。接近された場合には、EOやリニアガンで相手を牽制する。「研究施設破壊」に登場。
トロット・S・スパー
4脚の中量級AC"バリオス・クサントス"を駆るレイヴン。武器腕のレーザー砲と肩部パルス砲を連携させて強力な攻撃を行う。「テロリスト排除」に登場。続編である『ACLR』にも登場する。
トロット=馬術における速歩、スパー=拍車、機体名の由来は、ギリシャ神話に登場する名馬の兄弟「バリオス」と「クサントス」で、ともに英雄アキレウスの戦車を引いた馬の名前。
アモー
ストーリー中、アリーナで戦うことになるレイヴンで、搭乗するAC名は"バースボム"。「駐屯地攻撃部隊排除」の僚機。なお物語の中盤、彼が戦死したという内容のメールが送られてくる。
コールリミット
フロート型AC"ホットロッダー"を駆るレイヴン。「キサラギ湖上施設破壊」に登場。その時は機体色が青くなっている。
リム・ファイアー
搭乗ACはピン・ファイアーと同じく"バレットライフ"。ピン・ファイアーの息子。ピンを撃破するとランキングに登場、復讐の機会を窺う。続編である『ACLR』にも登場する。
レイヴンネームの意味は雷管・弾薬の撃発方式(ヘリ打ち式)から。
UNKNOWN
最終ミッションにて、制御装置を破壊すると登場する人型機動兵器。
可変機構を有しており、人型形態と半砲台形態を使い分けての高火力戦闘を展開してくる。
虚空
AC"天地人"を駆るレイヴン。攻略本に名前だけ掲載されていた。(本編には一切登場せず。)

登場組織[編集]

レイヴンズアーク
本作にてレイヴンを統括する機関。"アーク"と略されることも多い。
「新資源」をめぐる抗争はこの機関に属するレイヴン達の活躍によって辛うじて均衡を保っている。また、レイヴンを統制するための規約も存在しており、違反者には粛清や追放等の制裁を加える。ただし、これを嫌ってアークを離反し、独自の行動をとるレイヴンも存在する。
ミラージュ
世界最大の企業。ナービスの発見した「新資源」に目をつけ、これを簒奪すべく企業間戦争を仕掛けている。
なお、3とは企業ロゴが異なるほか、ACパーツやMTなどの型番の法則性を改めている。また、刷新後の形式番号には何らかの規則性に則った名詞を組み込んでいる(頭部パーツ類に虫の名称、ブースター類に鳥類の名称など)。
クレスト・インダストリアル
世界第二位の企業。自社勢力の拡大の為に旧世代遺産の獲得を目論み、ミラージュとナービスの争いに積極的に介入する。
ミラージュ同様、3時代とはロゴとパーツ型番の法則性を改めており、こちらは原則として、"CR-(装備部位)(製造時期)(装備カテゴリ)"という形式を取っている。
キサラギ
新資源を巡って争う他企業を尻目に独自の動きをとる第三の企業。
ナービスと提携する傍ら旧世代の遺跡の発掘と新型の生体兵器開発に力を注いでおり、旧世代兵器の解析によって、ついにAC用フレームパーツの開発にも成功する。
しかし、度を越した旧世代文明の発掘研究は後に取り返しの付かない悲劇を招くことになる。
上位2社同様にロゴとパーツ型番の法則性を改めており、本作では全てのパーツに仏教に関連する用語を充てている。
ナービス
旧世代の遺産である「新資源」の発見によって急速に勢力を拡大した新興企業。
AC用パーツは製造しておらず、自社の戦力も他企業と比べて乏しい為、ミラージュからの激しい圧力に対してはクレストやキサラギからの援助を受けることで対抗している。
作中では、追い詰められた末に巨大兵器の実験を行おうとするが阻止され、消滅する。
OAE
地上の復興を管理、統制する目的で設立された企業群管理機構。地上での生存基盤の安定と企業の復興により、その存在意義をほとんど失っており、企業の専横にも成す術が無い状態にある。
レヴォリューションディスクに登場する組織
  • クローム
  • ムラクモ・ミレニアム
  • ケミカルダイン
  • R&Gインダストリー
  • ウェンズデイ機関
  • ストラグル

用語[編集]

特攻兵器
世界を壊滅寸前に追いやった旧世代の兵器。雲霞の如く大量に飛来し無差別な自爆攻撃を繰り返す。
登場した際はUNKNOWN扱いであり、ユーザーの間では蝗という通称があった。この名称は「蝗害」からきているものである。
終盤に新資源採掘場に突如登場しミラージュの主力部隊を壊滅させる。
本作の最後はこれを迎撃するのだが、無限発生するため物理的に全機撃破は不可能。
AMIDA
キサラギが開発した生体兵器。主な攻撃方法は自爆で、高い熱量でACにダメージを与える。また微妙だがEN耐性がある。また続編である『ACLR』でも登場する。
レビアタン
ナービスが新資源を利用して開発。砂漠での実験はコイツのため。未完成であったため動けず、ただの的となってしまった。武装はチェインガン、レーザーキャノン、ミサイル、グレネード。また続編である『ACLR』ではアライアンスの決戦兵器として登場する。

外部リンク[編集]