アーネスト・ウィリアム・ブラウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アーネスト・ウィリアム・ブラウン(Ernest William Brown、1866年11月29日1938年7月22日)は、イギリス生まれの数学者天文学者である。おもにアメリカ合衆国で働いた。 月の運動を研究し、極めて正確な月の運行表を作成し、惑星の運動やトロヤ群の小惑星の軌道を計算した。

ヨークシャーのハルに生まれた。イースト・ライディング・カレッジからケンブリッジ大学のクライスト・カレッジで学び、ジョージ・ハワード・ダーウィンの指導のもとに研究を行った。1888年ジョージ・ウィリアム・ヒルの月の運動に関する論文を研究し、その後月の研究を行った。1889年にクライスト・カレッジの研究員となり、1891年に数学の修士号を得た後、アメリカ・ペンシルベニア州ハバフォード大学で働き1893年に数学の教授となった。

ハーバーフォード・カレッジで、月の理論を研究を続け、1896年の著書An Introductory Treatise on the Lunar Theoryのなかで、ヒル、ドロネーハンセンらの研究をレビューを行った。さらに研究を進め、新しい月の運動の理論を創造し、1897年から1908年の間に王立天文学会誌に発表した。

1907年にイェール大学の教授になり、月の運動を詳細に計算する組織をつくり、12年の歳月と多額の費用をかけて1919年にTables of the Motion of the Moonを出版した。この月の運行表は広くもちいられ、1984年にコンピュータによる現代的な方法が作られるまで用いられた。

1932年に引退するまでイェール大学で働き、月の運動の研究を続けた他、惑星の運動も研究し、クラレンス・シュック(Clarence Shook)とPlanetary Theoryを著した。

[編集]

命名[編集]

外部リンク[編集]