アーナルデュル・インドリダソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
これはアイスランド人の名前です。姓にみえる部分は父称であり、の名前としてのではありません。この記事で取り扱っている人物は、正式には個人名アーナルデュルで呼ばれます。
アーナルデュル・インドリダソン
(Arnaldur Indriðason)
Arnaldur Indriđason Hki 2004 4681 C.JPG
誕生 1961年6月28日(52歳)
アイスランドの旗 アイスランドレイキャヴィーク
職業 映画評論家、作家
言語 アイスランド語
国籍 アイスランドの旗 アイスランド
最終学歴 アイスランド大学
活動期間 1997年 -
ジャンル ミステリ
主な受賞歴

ガラスの鍵賞
2002年 湿地
ゴールド・ダガー賞
2005年 緑衣の女

マルティン・ベック賞
2005年 "Röddin"
処女作 "Synir duftsins"
テンプレートを表示

アーナルデュル・インドリダソンArnaldur Indriðason1961年6月28日 - )は、アイスランド推理作家。父は作家のインドリディ・G・トーステンソン (en) 。

経歴[編集]

1961年レイキャヴィークに生まれる。1981年から1982年にかけて、ジャーナリストとして新聞社「Morgunblaðið」に勤め、後にフリーの記者に転身。1986年から2001年まで同紙の映画評論家を務めた。1996年にはアイスランド大学で歴史の学位を取得した。

1997年、処女作「Synir duftsins」(英 : Sons of Dust)を発表。これは「エーレンデュル警部シリーズ」の第1作で、2010年現在第11作まで刊行されている。インドリダソンの作品は、ロシアギリシャポーランドフランススウェーデンなどヨーロッパ各地や中国、26カ国で翻訳されている。日本では柳沢由実子の翻訳で2012年6月に東京創元社より刊行された。

2002年に『湿地』(原題:Mýrin )で、2003年には『緑衣の女』(原題:Grafarþögn )で、北ヨーロッパで最も優れたミステリに贈られるガラスの鍵賞を2年連続で受賞する。2005年には、『緑衣の女』で英国推理作家協会が贈るCWA賞ゴールド・ダガー賞(最優秀長編賞)を、「Röddin」(英 : Voices)でマルティン・ベック賞を受賞する。

現在は家族と共にレイキャヴィーク在住。

作品リスト[編集]

エーレンデュル警部シリーズ[編集]

# 邦題 原題 刊行年
アイスランドの旗
刊行年月
日本の旗
訳者 出版社 日本の旗
1 Synir duftsins 1997年
2 Dauðarósir 1998年
3 湿地 Mýrin 2000年 2012年6月 柳沢由実子 東京創元社
4 緑衣の女 Grafarþögn 2001年 2013年7月
5 Röddin 2002年
6 Kleifarvatn 2004年
7 Vetrarborgin 2005年
8 Harðskafi 2007年
9 Myrká 2008年
10 Svörtuloft 2009年
11 Furðustrandir 2010年

その他[編集]

  • Napóleonsskjölin (1999)
  • Bettý (2003)
  • Konungsbók (2006)

脚注[編集]

関連項目[編集]