アート・リンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アート・リンソン
Art Linson
生年月日 1942年
出生地 イリノイ州シカゴ
職業 映画プロデューサー

アート・リンソンArt Linson, 1942年 - )は、アメリカ合衆国映画監督映画プロデューサー脚本家

経歴[編集]

イリノイ州シカゴ生まれ。1980年、Where the Buffalo Roamで映画監督デビュー。このコメディ映画はハンター・S・トンプソンの話が元になっており、 ビル・マーレイが作者役として登場した。1984年には『ワイルド・ライフ』を監督した。

数多くの作品で映画プロデュースを行っており、 マイケル・マンデヴィッド・マメットキャメロン・クロウとも一緒に仕事をしたことがある。『アメリカン・ホット・ワックス アラン・フリード物語』では脚本を担当し、 著書What Just Happened? Bitter Hollywood Tales from the Front LineISBN 1-58234-240-7)は『トラブル・イン・ハリウッド』の原作となった。また、A Pound of Flesh: Perilous Tales of How to Produce Movies in HollywoodISBN 0-8021-3551-X)の著者でもある。

2011年、リンソンは息子のジョン・リンソンと共同で、バンド ザ・ランナウェイズを題材とした映画『ランナウェイズ』を製作・公開した[1]

フィルモグラフィ[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]