アースアンカー工法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アースアンカー工法またはグラウンドアンカー工法建築用語(土木関連)で、山留工法の一種である。テンドン(tendon、の意味)と呼ばれるPC鋼材(PC鋼より線)を岩盤に固定し、PC鋼材の緊張力で山留壁や法枠を保たせるために用いる。単に「アンカー工法」と呼ばれることもある。

地すべりの末端部や道路法面などで、不安定な土塊を固定するために用いたり、様々な理由で構造物が単独では安定しない(転倒のおそれがある)場合に用いる。地すべり対策においては、抑止工(構造物により力学的に地すべりの発生要因を抑制する工法)の代表的工法の一つである。

工法[編集]

  1. 土留杭や受圧盤を施工し、基礎になる部分を掘り下げる。
  2. 掘り下げ後、土留杭や受圧盤の背面地盤を斜めに岩盤に達するまでボーリング掘削する。
  3. 掘削後、頭部にグラウト剤となじみやすくなるような加工を施したPC鋼より線を挿入し、グラウトセメントミルクや合成樹脂)を孔に圧入、硬化させる。
  4. グラウトが硬化後、PC鋼材に緊張を与えながら土留杭や受圧盤と固定する。

関連項目[編集]