アーシューラー (ミサイル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アーシューラー(Ashoura)
種類 戦術MRBM
運用史
配備期間 2007年11月28日から現在
配備先 イランの旗 イラン
開発史
製造業者 イランの旗 イラン
諸元
弾体直径 1.2 m

弾頭 1個

エンジン 固体燃料
行動距離 2000 ~ 2500 km

アーシューラーイラン中距離弾道ミサイル

2007年11月28日から実戦配備されている。

燃料は固体燃料式。射程は2000km~2500kmであり、イスラエルを射程に収める。

北朝鮮または中華人民共和国の技術が開発に当たって使用されていると見られている。

2007年11月にイランの国防大臣であるMostafa Mohammad-Najjarは射程が2000kmの新型ミサイルであるアーシューラーミサイルを製造したと発表した。Najarは"イラン共和国はいかなる国へも攻撃を行わない。しかし、何者かがイランへ侵攻を企てるのであれば武力によって反撃する。" と述べた。彼は射程が2100kmのシャハブ3との違いに関しては言及しなかった。

彼は同じ週に開催された民兵のバシジの演習において "射程2000kmのアーシューラーミサイルの建造は国防省の成果の一つである"と語った。[1] 国防省の成果の一つです、2000キロの範囲で、"Ashouraミサイルの建設:彼は、彼らがその同じ週に開催された演習中に収集バシジの民兵と語った。

ジェーン・ディフェンス・ウィークリー[2],によるとアーシューラーはイランのミサイル技術の主要な関門を突破したいう。従来のシャハブが液体燃料技術を使用していたのに対して初めて2段共に固体燃料を使用した準中距離弾道ミサイルである。これにより発射までの時間が大幅に減らされる事により敵が備える時間が短くなり脅威が増す。ジェーンズは並行して開発が進められていたパキスタンシャヒーンとはこれまで知られる北朝鮮やインドや中国のような技術協力者と技術交換やをした証拠は無いと記している。[3] アーシューラーはイランの防衛産業組織の一部であるSanam産業集団(Department 140)傘下のShahid Bagheri産業集団(SBIG)によって開発された。

脚注[編集]