アーサー王宮廷のコネチカット・ヤンキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アーサー王宮廷のコネチカット・ヤンキー
A Connecticut Yankee in King Arthur's Court
原書の表紙
原書の表紙
著者 マーク・トウェイン
発行日 アメリカ合衆国の旗1889年
ジャンル 風刺歴史改変小説
アメリカ合衆国の旗
言語 英語
コード ISBN
テンプレートを表示

アーサー王宮廷のコネチカット・ヤンキー』(アーサーおうきゅうていのコネチカット・ヤンキー、英語原題:A Connecticut Yankee in King Arthur's Court )はアメリカ合衆国の小説家マーク・トウェイン1889年に発表した長編小説。

概要[編集]

現代(出版当時)のアメリカ人技師が、タイム・スリップしてアーサー王時代のイングランドに紛れ込む物語である。トウェインは、理性的・人道的な現代人である主人公の目を通して中世イングランド社会(腐敗した貴族制、キリスト教会の圧制、騎士道の欺瞞、人間の愚昧さ・非道さ・強欲さ等)を描き、それと類似している(と彼が考えた)アメリカ(の南部)社会を風刺した。「ヤンキー (Yankee) 」とは「アメリカ北部人」を意味する語である。

サイエンス・フィクションの分野においては、時間旅行および歴史改変を扱った初期の作品としても有名。

あらすじ[編集]

原書の挿絵(ダニエル・カーター・ビアド画)

イギリスのウォリック城を見物していた「私」は、アーサー王の時代に異常なほど詳しい男と出会う。その男は、展示されているに空いた穴を指して「これは自分がであけた穴だ」と言う。不信に思う「私」の元に、その夜、男が現われて自分の体験を書いた手記を見せる。それは以下のような内容であった。

コネチカット州ハートフォード出身のハンク・モーガンは、技師の父親と獣医の叔父に両方の技術を仕込まれた男で、兵器工場の職長である。ある日、モーガンは部下に殴られて気絶する。意識を取り戻すと目の前には騎士がいて、馬上槍試合を申まれる。返事もしないうちに槍で木の上に追いやられたモーガンは相手を狂人だと思い、大人しく「捕虜」になる。騎士に連れて行かれた先はキャメロットで、モーガンは自分が西暦528年アーサー王宮廷にいることを知る。モーガンは慣例として処刑されそうになるが、日食を利用してそれを逃れる。そしてマーリンとの魔法合戦にも勝利して宮廷での地位を確立する。

以後、ハンク・モーガンは「ボス卿」("The Boss")を名乗り、科学知識を活かして社会改革に取り組む(学校を作って若者を教育・啓蒙する一方、近代的な産業を打ちたてる。それによって貴族制と教会の圧制を覆そうと計画する)。また、王をお忍びの国内視察に連れ出し、民衆の不幸を教える。枯れた泉を復活させる、五百対一の決闘に勝利するなどの行為で、魔術師としての名声もさらに高める。

しかし、彼がフランスへ旅行している間に情勢が変わる。教会の陰謀により内戦が勃発し、王も敵方も死に、ボス卿がイングランドに帰った時には漁夫の利を得る形で教会が国を支配していた。ボス卿とその部下たちは教会に扇動された軍勢に攻められる。地雷・鉄条網・機関銃といった科学兵器で撃退するが、ボス卿は負傷する。

ボス卿を看病するために一人の老婆が雇われるが、それは変装したマーリンだった。マーリンは主人公を未来に追放するべく魔法を掛ける。それは効力を発揮し、彼は1300年間(出版当時の「現在」まで)眠り続けることになったのだった。

挿絵について[編集]

初版本はダニエル・カーター・ビアド[1] (Daniel Carter Beard, 1850-1941) による挿絵を222枚、収録していた。ビアドは当時ギュスターヴ・ドレにも比されていた画家で、トウェイン自身に指名されて、これらの挿絵を九ヶ月で描き上げた。契約内容は「250枚ないし260枚の挿絵に対し、報酬3000ドル」というものだった。完成した挿絵を、トウェインは非常に高く評価した。後にビアドは「百万ポンド紙幣」、『トム・ソーヤーの空中旅行』(Tom Sawyer Abroad, 1984) [2]、『赤道に沿って』の挿絵も手がけている。

評価と影響[編集]

ニューディール政策の名は、本作中におけるモーガンの政策の名称にちなんでいる。[3]

日本語訳一覧[編集]

  • 小倉多加志訳(抄訳) 『アーサー王宮廷のヤンキー』早川書房ハヤカワ・SF・シリーズ3042)、1963年1月、カバー中島靖侃画(挿絵なし)
    • 『アーサー王宮廷のヤンキー』早川書房(ハヤカワ文庫NV)、1976年5月、カバー楢喜八画(挿絵なし)
  • 龍口直太郎訳 『アーサー王宮廷のヤンキー』 東京創元社創元推理文庫)、1976年、カバー真鍋博
  • 大久保博訳 『アーサー王宮廷のヤンキー』 角川文庫、1980年、挿絵D・N・ビアド、新版2009年
  • 亀山竜樹訳(児童向け抄訳) 『アーサー王とあった男』岩崎書店(SF少年文庫)、1971年、挿絵D・N・ビアド
    • 『アーサー王とあった男』岩崎書店(SFロマン文庫)、1986年
    • 『アーサー王とあった男』岩崎書店(SF名作コレクション)、2005年
  • 渕脇耕一訳 『アーサー王宮廷のコネチカット・ヤンキー』ニュートンプレス(Newton classics)、1997年
  • 砂川宏一訳 『マーク・トウェイン・コレクション 16 - アーサー王宮廷のコネチカット・ヤンキー』彩流社、2000年
  • 大久保博編訳 『ハンク・モーガンの冒険 - アーサー王宮廷のコネチカット・ヤンキー』論創社、1984年 - (※原書の挿絵すべてを収録し、それを主軸として本文を短縮・再編したもの)

舞台化・映像化[編集]

本作は何度も舞台化・映像化が行われているが、代表的な作品は以下のものである。

夢の宮廷 - A Connecticut Yankee in King Arthur's Court
1949年に公開されたアメリカ合衆国のミュージカル映画。ロバート・フェローズ製作、テイ・ガーネット監督、エドモンド・ベロイン脚色、ヴィクター・ヤング音楽、ビング・クロスビー主演、パラマウント映画配給。

脚注[編集]

  1. ^ 日本語表記は「ベアード」とも
  2. ^ 宮脇紀雄訳、桜井誠画『マーク・トウェーン名作全集 5』岩崎書店、1962年
  3. ^ 『たのしく読める英米幻想文学』61ページ

関連項目[編集]

参考資料[編集]

  • 伊藤典夫(責任編集)『世界のSF文学総解説』自由国民社、1990年9月(改訂版第一刷)
  • 評論社版『ハンク・モーガンの冒険』および、その(大久保博による)解説
  • 翻訳作品集成Authors Database Tマーク・トウェイン(Mark Twain)
  • 大神田丈二・笹田直人(編著)『たのしく読める英米幻想文学』ミネルヴァ書房、1997年(初版)

外部リンク[編集]