アーサー・D・リトル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アーサー・D・リトル(Arthur D. Little)は、アメリカ合衆国ボストンを本拠とする、世界最古の経営戦略コンサルティング会社である。1886年マサチューセッツ工科大学科学者で、酢酸塩の発見者でもあるアーサー・デホン・リトルによって設立された。

「“Side-by-Side”、常に顧客とともにあること」をコンセプトとして、クライアントの“腹に落ちる”成果を出すことを目標としている。

概要[編集]

1886年に米国で設立。この頃から「技術をいかにビジネスや社会に応用するか。」という現在のMOT(Management of Technology)に近いビジョンを掲げていた。創業者のバックグラウンドによる影響もあり、技術力を中心としたマネジメントのコンサルティングに強みを持つ。具体的には技術をコアコンピタンスに掲げる企業に対する全社戦略・事業戦略や技術経営(MOT)を中心とした事業を行っており、具体的には TIME(TELECOMMUNICATION, INFORMATION, MEDIA & ELECTRONICS), Auto, Energy & Utilities, Chemicals, Consumer Goods and Retail, Healthcare , Manufacturing, Private Equity, Public Services, Travel & Transportationなどのクライアントに対してコンサルティング活動を行っている。 グローバルでは、約1,000人のコンサルタントがコンサルティング活動に従事している。

リクルート[編集]

門戸の狭さは他ファーム同様有名である。成果主義である一方、若手社員の教育には熱心なことでも定評がある。

競合[編集]

主な戦略系コンサルティング会社の競合として、マッキンゼー・アンド・カンパニーボストン・コンサルティング・グループベイン・アンド・カンパニーA.T.カーニーが挙げられることが多い。また、これら以外にも多数の戦略系コンサルティング会社やIT系コンサルティング会社が競合として挙げられるが、技術に特化した経営戦略コンサルティングを行うことで、独自のポジションを築いている。近年では日本国内で著しい業績を収めており、縮小・撤退傾向にある他ファームを凌駕している。

日本法人[編集]

1978年昭和53年)に設立され、現在の社長は原田裕介。所在地は、東京都港区虎ノ門である。古くは製造業の技術経営戦略立案を中心に、近年では多岐に渡る業界のクライアントに対して全社戦略・グローバル戦略の提案機会も多い。ビジョン策定に秀でており、民間のみならず官公庁のクライアントに対しての国家戦略を担う機会も増加している。

主な出身者[編集]

脚注[編集]


外部リンク[編集]