アーサー・バークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アーサー・ウォルター・バークス: Arthur Walter Burks, 1915年10月13日 - 2008年5月14日)はアメリカ数学者計算機科学者および哲学者。1940年代には世界初の汎用デジタルコンピューターENIACを設計したプロジェクトの首席技術者をつとめた。

若いころと教育[編集]

バークスはミネソタ州ダルースに生まれた。1936年、彼はインディアナ州GreencastleのDePauw大学で数学と物理学の学士号を取得し、1937年と1941年に、ミシガン州アナーバーミシガン大学で哲学の修士号と博士号をそれぞれ取得した。

ミシガン大学[編集]

1954年から1955年まで、バークスは米パース学会(the Charles S. Peirce Society)の会長を務めた。彼は『チャールズ・サンダース・パース著作集』(the Collected Papers of Charles Sanders Peirce)の、1958年に出版された最後の二巻(第7巻と第8巻)を編集した。

名誉教授として[編集]

1990年、バークスはミシガン大学のベントレー歴史図書館(Bentley Historical Library)に自分の論文の一部を寄贈した。研究者は同図書館でそれらの論文を利用することができる。2008年5月14日、バークスはアルツハイマー病の長い闘病生活の末に、ミシガン州アナーバーの養護施設で死去した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]