アーサー・デイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アーサー・デイ
人物情報
生誕 1869年10月30日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マサチューセッツ州
死没 1960年3月2日(満90歳没)
出身校 イェール大学
学問
研究分野 地球物理学
主な受賞歴 ウィリアム・ボウイ・メダル(1941年)
ウォラストン・メダル(1947年)
テンプレートを表示

アーサー・デイ(Arthur Louis Day、1869年10月30日 - 1960年3月2日)はアメリカ合衆国地球物理学者である。

マサチューセッツ州ブルックフィールドに生まれた。イェール大学で1894年に博士号をとり、1987年まで物理学を教えた後、ドイツベルリンの Physikalisch-Technischen Reichsanstalt で働き、高温領域の研究を約10年間研究した。

1900年にアメリカ合衆国の地質調査の仕事を得て帰国し、高温における鉱物の研究を行った。1902年に新設されたカーネギー研究所で研究を始め、1905年には地質学研究所の所長に任じられた。高温の研究から火山の研究を行った。第一次世界大戦中には、軍用のガラスの製造法を改良し、増産に貢献した。戦後の1918年から2年間はコーニング社の研究所の副所長を務めた。1920年に再び地質学研究所長に戻り1936年までその職にあった。

受賞歴[編集]

アーサー・L・デイに因む賞[編集]

アーサー・L・デイ・メダル[編集]

1948年に、アメリカ地質学会はデイの功績を称えて、地質学研究に有力な物理学手法、化学的手法の応用技術に貢献した科学者に贈る、アーサー・L・デイ・メダル (Arthur L. Day Medal) を創設した。

アーサー・L・デイ賞[編集]

アーサー・デイの遺産から地球物理学への貢献に対して贈られる、全米科学アカデミーの賞、アーサー・L・デイ賞 (Arthur L. Day Prize and Lectureship) が1972年から設けられた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]