アーサー・アンダーセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アーサー・アンダーセン
Arthur Andersen
企業形態 LLP
業種 監査法人会計事務所
設立 1913年
本拠所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 イリノイ州シカゴ
33 W. Monroe, Chicago, IL 60603
北緯41度52分49.1秒 西経87度37分43.5秒 / 北緯41.880306度 西経87.628750度 / 41.880306; -87.628750
売上高 93億ドル(2002年)
従業員数 約200人 (2007年時点)
約85,000人 (2002年当時)
ウェブサイト www.andersen.com

アーサー・アンダーセン(Arthur Andersen)は、アメリカ合衆国シカゴにかつて存在した大手会計事務所

概説[編集]

世界5大会計事務所(Big 5)の一つであった。多数の公認会計士や専門職員を抱え、監査税務・ビジネスコンサルティングを3つの柱とした業務を展開していた。

しかし、エンロン社の粉飾会計が発覚した際に、自社の社内資料の破棄指示を出していたことが発覚。これが犯罪捜査における公務執行妨害として有罪判決を受け、これによって顧客を失い、解散に追い込まれた。

余り知られていないことであるが、エンロンの粉飾会計は当時の会計基準において許されていた関連会社に債務を飛ばすという行為によって行われていたため、会計法に違反していたわけではない。また、公務執行妨害の判決は、上告審で覆されたが、時すでに遅かった。

歴史[編集]

アーサー・アンダーセンは、1913年にアーサー・アンダーセンとクラレンス・デレーニーにより、「Andersen, DeLany & Co.」として創業された。1918年にはアーサー・アンダーセン(Arthur Andersen & Co.)と改名している。

ノルウェー移民の息子だったアンダーセンは、16歳のときに両親の死により孤児となり、夜間学校に通いながらメール・ボーイとして働いた。彼は、シカゴの会社の会計監査責任者 (controller) の助手となったことをきっかけに会計士の仕事をし、23歳でイリノイ州一若い公認会計士となった。彼は会計事務所に勤め、ミルウォーキーのビール会社シュリッツ(Schlitz Brewing Co.)の会計責任者となりながら、ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院に通う日々を送った。

1913年、28歳で独立し、シュリッツの会計監査を行いつつ、ノースウェスタン大学で会計学を教え、実務中心の授業を創始し、会計業界のレベルを高めるための会計教育づくりに貢献した。彼は、粉飾決算を持ちかける大手顧客に対し、「アメリカすべての金のため」として粉飾を断り、顧客を失う決断をするほどの正直さで知られた。彼は、1947年の死までの間に事務所を大きくし、アメリカの会計学の発展と高いレベルの会計基準の普及に対し大きな貢献をした。創業者の死後も、アンダーセンは、会計業界の判断をリードし、1970年代・80年代には多くの大企業を顧客とした。一方で、コンサルティング業の急発展に伴い、会計監査部門との独立に悩むようになり、1989年には分社化した(現アクセンチュア)。

他の4大会計事務所が北米・欧州間の大合併を繰り返して巨大化したのに対し、米国ファームであるアーサーアンダーセンは巨大合併を経験せず急成長を遂げたため、特に米国内でのブランド力が非常に強かった。

2001年10月17日、ウォールストリート・ジャーナルがアメリカ・エンロン社の不正会計疑惑を報じ、エンロン社のメイン会計監査を担当していたアーサー・アンダーセンが会計粉飾やその証拠隠蔽に関与していたことが発覚した。 この事件でアンダーセンの信用は失墜し、2002年に解散へと追い込まれた。

2002年6月15日、エンロン社の監査資料を抹消したとする証拠隠滅容疑でヒューストン連邦地裁から有罪評決を受け、連邦最高裁に控訴。2005年5月31日、連邦最高裁ではアンダーセンの主張が認められて無罪判決が言い渡され、逆転勝訴した。

アクセンチュアは、元々アーサー・アンダーセンのコンサルティング部門だったが、1989年に「アンダーセン・コンサルティング」として分社化され独立した後、2001年に現在の社名に変更された。そのため、アーサー・アンダーセン解散の影響を受けることなく、現在も存続している。

日本法人の主な出身者[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]