アークネット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
TCP/IP群
アプリケーション層

BGP / DHCP / DNS / FTP / HTTP / IMAP / IRC / LDAP / MGCP / NNTP / NTP / POP / RIP / RPC / RTP / SIP / SMTP / SNMP / SSH / Telnet / TFTP / TLS/SSL / XMPP

カテゴリ
トランスポート層

TCP / UDP / DCCP / SCTP / RSVP

カテゴリ
ネットワーク層

IP (IPv4, IPv6) / ICMP / ICMPv6 / IGMP / IPsec

カテゴリ
リンク層

ARP/InARP / NDP / OSPF / トンネリング (L2TP) / PPP / MAC (イーサネット, IEEE 802.11, DSL, ISDN)

カテゴリ

アークネット(英語名ARCNET:Attached Resource Computer NETwork)は、トークンパッシング式ネットワークのプロトコル。1977年に、データポイント社により提案された。発表された当初は、8インチのフロッピードライブとの通信用だったようだ。OSI基本参照モデルの物理層とデータリンク層の一部が規定されている。

特徴[編集]

  • リアルタイム性を重視
  • 1つのネットワークに255個のノードまで参加可能
  • バス、スター、ツリーの形態で柔軟な利用が可能


通信速度は、156.25Kbps~10Mbps。 トークンでデータを運ぶパケットがロングパケット(512byte長)または、ショートパケット(256byte長)で一定となっている。ノード数が一定であれば、ノード間通信の通信速度が確定できる。これにより、リアルタイム性を保証している。また、プロトコルのほかにエラー処理・自動復帰等の機能が実装されたワンチップICが市販されている。このため印刷機やPOSシステムなどの組み込み機器のネットワークとして利用されている。

関連項目[編集]