アーカーシャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アーカーシャサンスクリット語: आकाश, Ākāśa,Akasha、アカシャ、阿迦奢)は、インドで「虚空」「空間」「天空」を意味する言葉であり、インドの五大のひとつである。

概要[編集]

「空」と訳されることも多いが、仏教用語の「空」には「アーカーシャ」と「シューニャ」(サンスクリット語: शून्य, śūnya)の両方があり、両者は原語も意味もまったく異なるので厳重に注意が必要である。インド哲学の用語としては「虚空」と訳されることもある。または『ウパニシャッド』においてはアートマンとされたが、ヤージュニャヴァルキヤは「」・「空間」・「ガンダルヴァ」・「太陽」・「」・「」・「」・「インドラ」・「プラジャーパティ」・「ブラフマン」を包摂するもの、すなわち存在の一切を統括する法則とした。

西洋の近代オカルティズムではしばしばエーテルと同一視される。

関連項目[編集]