アーウェル・ヒューズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アーウェル・ヒューズ(Arwel Hughes、1909年8月25日 - 1988年9月23日)は、ウェールズ作曲家指揮者

略歴[編集]

レクサム近郊に生まれる。王立音楽大学レイフ・ヴォーン・ウィリアムズらに師事し、卒業後はオックスフォードで教会のオルガニストを務めた。1935年にウェールズに戻り、BBCの音楽部門のスタッフとなった。BBCでは指揮者として、グレース・ウィリアムズアラン・ホディノットらウェールズの作曲家の作品を数多く初演し、また自作自演も行った。

1965年BBCウェールズの音楽部長となり、1971年まで在職した。1969年には大英帝国勲章を受章した。さらに1978年から1986年までスランゴスレン国際民族音楽祭の名誉音楽監督を務めた。

また、長年にわたりウェールズ・ナショナル・オペラ指揮し、ウェールズの民話をもとにした『メンナ』とモリエールの喜劇をもとにした『恋する博士』の2つのオペラを作曲した。

それ以外の作品に『弦楽のための幻想曲』、『オーケストラのための組曲』、『オーケストラのための前奏曲』、『アネイショメイロス』などがあり、その他に多くの歌曲室内楽曲がある。作風はいずれも叙情的でケルトの伝統に根ざしたものである。

指揮者のオウェイン・アーウェル・ヒューズは息子である。

外部リンク[編集]