アーウィン・ブルーメンフェルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アーウィン・ブルーメンフェルドErwin Blumenfeld (Jan Bloomfield),1897年1月26日-1969年7月4日)は、ドイツ生まれの写真家(のちアメリカに渡る)。シュルレアリスム系統の写真ファッション写真に長ける。オランダにて、ダダの運動にも参加している。

1930年代から戦後にかけて、ファッション写真にシュルレアリスムの感覚を持ち込んだ。特に、ハーパース・バザー誌(アレクセイ・ブロドヴィッチアートディレクションの下)を中心に活躍する。

フォトモンタージュ(多重露光)、ソラリゼーション、彩色といった、シュルレアリスム的な技巧を、大胆にファッション写真に取り入れ、前衛的・実験的な作品を提供しつづけた。一方で、技巧的でなく、ストレートに動きをとりいれただけのような、華麗な作品もある。

参考文献[編集]

  • 『<パリ写真>の世紀』(今橋映子白水社2003年)特に459ページから464ページまで
    • 掲載作品:図11「何が新しく見えるでしょう…(ジョン・フレデリィックスのメーキャップと帽子)」(1947年。白黒図版)
  • 『カラー版世界写真史』(監修=飯沢耕太郎美術出版社2004年)特に90ページから91ページまで(井口壽乃執筆部分)
    • 掲載作品:図版番号4-30「赤十字運動」(Red Cross Drive)(1945年。カラー図版。Vogue掲載作品)

外部サイト[編集]

  • 作品図版(リュシアン・ルロンのドレスを着たエッフェル塔の上のリザ・フォンサグリーヴ(1939年))
    • 上記参考文献の『<パリ写真>の世紀』の表紙にも使われている作品である。
  • Ananas a Miamiより(27点の図版が紹介されている)