アヴィペス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アヴィペス
生息年代: 240 Ma
地質時代
三畳紀中期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
下綱 : 主竜型下綱 Archosauromorpha
階級なし : 主竜類 Archosauria
: アヴィペス属 Avipes
学名
Avipes
Huene1932
下位分類(

アヴィペスAvipes 「鳥の足」の意味)は三畳紀中期に現在のドイツに生息した主竜類の属の一つである。現在のところ唯一の種Avipes dillstedtianusのみが知られる。

唯一の化石である中足骨はドイツ、ジュトチューリンゲンドイツ語版ベットハイムドイツ語版にあるLettenkohlensandstein(砂岩の一種)で発見された。1932年にフリードリヒ・フォン・ヒューネにより命名、記載された[1]。当初はコエルロサウルス類もしくはケラトサウルス類に分類されたものの、RauhutとHungerbuhlerによる2000年の再評価ではあまりにも不完全であり主竜類の特定のグループに分類することはできないとされた[2]

参照[編集]

  1. ^ Huene, F. von (1932). Die fossile Reptil-Ordnung Saurischia, ihre Entwicklung und Geschichte. MONOGRAPHS GEOL. PALAEONTOL. (ser. 1) 4; 1-361
  2. ^ Rauhut, O. W., and Hungerbühler, A. (2000). "A review of European Triassic theropods." Gaia, 15: 75-88.