アヴァロン (ヨンヌ県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アヴァヨンから転送)
移動: 案内検索
Avallon
Blason Avallon 89.svg
Avallon 005.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ブルゴーニュ地域圏Blason fr Bourgogne.svg
(département) ヨンヌ県
(arrondissement) アヴァロン郡
小郡 (canton) 小郡庁所在地
INSEEコード 89025
郵便番号 89200
市長任期 ジャン=イヴ=コール
2008年 - 2014年
自治体間連合 (fr) Communauté de communes de l'Avallonnais
人口動態
人口 7,483人
2006年
人口密度 280人/km²
地理
座標 北緯47度47分55秒 東経3度34分02秒 / 北緯47.7986度 東経3.5672度 / 47.7986; 3.5672座標: 北緯47度47分55秒 東経3度34分02秒 / 北緯47.7986度 東経3.5672度 / 47.7986; 3.5672
標高 平均:?m
最低:163m
最高:369m
面積 26.75km² (2 675ha)
Avallonの位置
Avallon
公式サイト www.ville-avallon.fr
テンプレートを表示

アヴァロンAvallon)は、フランスブルゴーニュ地域圏ヨンヌ県コミューン

歴史[編集]

ロマネスク様式のサン=ラザール教会
1610年頃のアヴァロン

この地には、ガリア系のアエドゥイ族(fr)のオッピドゥムがあった。この都市はオータンの州に依存していたとみられる。アントニウス・ピウスはその行程の中で、アバロネ(Aballone)について触れている。このアバロネは、ローマ時代に描かれた地図タブラ・ペウティンゲリアナ(fr)ではアバロ(Aballo、ケルト語でリンゴ)と記されており(ブルトン語ではaval)、これに接尾辞の-o/oneが付いた。モルヴァン山地にあるアヴァロンはオータンに暮らす裕福なガロ=ローマ人家族を惹きつけていた。彼らはこの地に神殿、裁判所、劇場をつくった。

この地は長く軍事上の要所でもあった。5世紀後の侵攻時代、その名はアウァロネム・カストゥルム(Avallonem Castrum)であった。城が古い都市の上に建てられた。神殿は聖母マリアに捧げる礼拝堂となった。ローマ軍人が暮らしたプラエトリウム(en)は司法の場として残った。劇場は1765年まで発見されなかった。このときに発掘されたのは古い座席、6つのメダル、墓所、武器、アンフォラの破片であった。

7世紀、修道士ジョナスはカバロネム・カストゥルム(Cabalonem Castrum)について言及した。町の運命はブルゴーニュの運命とつながっていた。時には独立王国となり、時にはアウストラシアに併合された(9世紀まで)。カール大帝は806年に法令の中で、アヴァヨンとオーソワをルイ敬虔王へ授けた。817年にこれらはアキテーヌ王ピピン1世(fr)のものとなった。

931年、ブルゴーニュ公ジズルベルトは義兄弟ラウールと争ってアヴァロンを獲得し、オセール伯領に併合した。1002年、ロベール王はオトン・ギヨームからブルゴーニュ公領を取り戻すことを望んだ。アヴァヨンは3ヶ月間包囲され、飢餓状態に追い詰められて降伏した。町は荒らされ、住民は虐殺された。アヴァヨン住民と農奴は、3人の主人に仕えていた。ブルゴーニュ公、サン=マルタン修道院長、サン=ラザールの教会法である。第4回十字軍に参加する際、ブルゴーニュ公はアヴァロン住民を解放し、コミューン憲章を授けた。1110年には修道院長がブルゴーニュ公のまねをした。一方で、教会法は適用があきらめられただけで、影では強制されていた。住民は『統治するための4人の参事官(fr)を任命する権利を持ち、王の選択に従属して民衆隊長を防衛のため提供した。そして14世紀頃に第三部会がブルゴーニュ議会で開かれれば代表を2人送っていた』のだった。

15世紀初頭、塔と城壁が廃墟となった。フォール・デピスという集団の首領が、1433年に8ヶ月間アヴァヨンを領有する間、この暴挙を行った。試練から回復するのに20年かかった。住民は、コミューンの中心に監視用の四角い時計塔を建てた。道路は舗装された。1543年、人口がかつてのほぼ3倍となった。しかしユグノー戦争がコミューンのよい状態を維持させなかった。1590年、カトリック同盟軍がコミューンに甚大な被害を与えた。雷が、サン=ラザール時計塔と小時計塔に、1589年と1595年にそれぞれ被害を与えた。陰鬱な時代を映すものとして、1531年と1587年には黒死病が流行した。

17世紀は装飾の時代だった。1713年には病院が再建された。1770年に役場が建設され、1791年にサン=ジュリアン教会が廃止された。

経済[編集]

フランス北東部やポーランドでスーパーマーケットを展開しているシーヴェル・グループ(fr)の本部がある。

姉妹都市[編集]