アン法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アン法アン女王法、あるいはアン条例(:Copyright Act 1709 8 Anne c.19)は、英国の最初の著作権法である。正式な名称は、An Act for the Encouragement of Learning, by vesting the Copies of Printed Books in the Authors or purchasers of such Copies, during the Times therein mentionedであり、直訳すると「一定期間の間、印刷された本の複写を、著者やその本の購入者に帰属させることにより、学問の推奨を行う法律」である。1709年に制定され、1710年4月10日より施行となった。これは、最初の本格的な著作権に関する法律であり、制定された時の女王であるアン女王の名から命名された。

著作権に関するいくつかの研究論文では、法律の制定は1709年の日付を示している。しかし、新年が3月から1月に変更されたため、現在のカレンダーにおいては法律の制定は1710年となる[1]暦に関する法律も参照のこと。

この法律は、メアリ1世の治世の間、1557年に許可され、何度かの変更の後、1695年に廃止された書籍出版業組合が独占していた権利、をおきかえるものであった。この組合の時代では、組合が一度作者から作品を購入したら、その作品に対する印刷の独占権が与えられると言うものであった。作者自身は組合の一員から排除され、合法的な形で、自主出版することはできず、一度売った本に対する使用料を受けることもできなかった。

1709年の法律では、作品の再生産の独占権を印刷屋でなく、作者に与えるものであった。この法律は、制定された時点で出版されている全ての作品に対し、21年間の期間を、それ以降に印刷される作品には14年間の期間の権利を与えた。また法律は、印刷屋に9部の複写を書籍出版業組合に渡すことを定めており、この複写は、王室図書室(Royal Library)、オックスフォード大学ケンブリッジ大学セント・アンドルーズ大学グラスゴー大学アバディーン大学エディンバラ大学シオン・カレッジの図書館、エディンバラにあるスコットランド弁護士会の図書館に収められた。アイルランドが英国に統合された1801年以降は、トリニティ・カレッジダブリンにあるキングスインが追加された。

この法律は廃止され、新しい法律に置き換えられた。現在の英国の著作権を管理する法律は、著作権・デザイン・特許法である。

参考文献[編集]

  1. ^ John Feather, The Book Trade in Politics: The Making of the Copyright Act of 1710, Publishing History, 19(8), 1980, p. 39 (note 3). OCLC 50140799.

関連項目[編集]