アン・ビョンギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アン・ビョンギ
안병기
生年月日 1966年11月5日(48歳)
国籍 韓国の旗 韓国
職業 映画監督
活動期間 2000年[1] -
アン・ビョンギ
各種表記
ハングル 안병기
発音: アン・ビョンギ
英語表記: Ahn Byung-ki[2]
テンプレートを表示

アン・ビョンギ (안병기1966年11月5日 - ) は、韓国映画監督[1]ホラー映画を中心にメガホンをとっている。

監督作品[編集]

友達裏切りをテーマにした怨霊の復讐劇。
携帯電話を題材に、友引忌でキーパーソンを演じたハ・ジウォンが主役を演じている。なお、この映画は日本では『友引忌』よりも先に公開された。
日本でもおなじみのコックリさんを題材にした映画。この映画でのコックリさんは、文字の書いたノートの上に、二人で赤ペンを強く握って行うスタイルだが、XXXHOLiCの第3話、「エンゼル」に出てきた女子高生たちがやっていた「エンゼルさん」は、このやり方とよく似ている。
アパートマンション)を題材にした映画。日本での公開規模は小さく、吹き替え音声がないままハピネットからリリースされている。なおこの映画には、韓国では「ユミン」の名前で知られる笛木優子カメオ出演している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 인물정보(人物情報) NAVER(韓国語) 2011年8月20日閲覧。
  2. ^ 안병기 (アン・ビョンギ) KMDb 2011年8月20日閲覧。

外部リンク[編集]