アンワル・ウル=ハク・アハディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンワル・ウル=ハク・アハディ

アンワル・ウル=ハク・アハディパシュトー語: انوارالحق احدی、Anwar ul-Haq Ahadi、1951年 - )は、アフガニスタンの政治家。アフガニスタン社会民主党議長。現通商産業大臣。元財務相。アンワルル・ハク・アハディーアンワルルハク・アハディなどとも表記される。

経歴[編集]

カーブル州サロビ郡ジグダライ村出身。父のアブドゥル・ハク・アハディは、各州で検察官・裁判官を務めた。

1969年、ハビビア貴族学校を卒業し、カーブル大学で学ぶ。1969年からアフガン社会民主党員。アメリカ国際発展局の奨学金で、ベイルート・アメリカン大学に留学。経済学と「政治規律」の修士号と学士号、シカゴ大学のMBAを有する。ミネソタ大学の博士課程に在籍した。

1979年のソ連軍のアフガン侵攻に反対し、アメリカ国内の国家機関や国際フォーラムでデモを行い、占領軍の撤退を要求した。

シカゴのコンチネンタル・バンクで秘書として2年間働く。1984年からカーロット大学の政治学教授の助手。1985年~1987年、シカゴのContinental Elona Bankの部長。1987年~1992年、プロヴィデンス・カレッジの「政治学と国際関係」講座の教授。

1995年、アフガニスタン社会民主党議長。

2002年3月~2004年12月、アフガニスタン中央銀行総裁。2004年12月23日~2010年1月、財務相。

2010年6月、通商産業大臣に就任[1]

脚注[編集]

先代:
アシュラフ・ガニー
アフガニスタンの旗アフガニスタン・イスラム共和国
財務大臣
2004年12月23日 - 2010年1月
次代:
オマル・ザーヒルワール