アンリ1世 (ブラバント公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Jindra1.jpg

アンリ1世(Henri Ier, 1165年 - 1235年9月5日)は、ブラバント公(在位:1184年 - 1235年)。父はルーヴェン伯兼下ロレーヌ公ゴドフロワ8世(7世とも)、母はリンブルク公ハインリヒ2世の娘マルガレーテ。

1184年、神聖ローマ皇帝フリードリヒ1世にブラバント公の称号を与えられ、ブラバント公国を創設した(父も共同統治)。1185年スヘルトーヘンボスを自治都市に指定、繁栄の基礎を築いた。1190年の父の死により下ロレーヌ公爵位も相続した(但し、実権の伴わない名誉職)。神聖ローマ帝国の内乱ではオットー4世を支持、娘マリアを娶わせたが、1214年ブーヴィーヌの戦いに参戦して敗北、フリードリヒ2世に降伏した。1234年に婿のホラント伯フロリス4世と共にブレーメンへ遠征した。

1235年、ケルンで死去。遺体はルーヴェン聖ペテロ教会へ埋葬された。

子女[編集]

1179年ブローニュマテュー・ダルザスと女伯マリーの娘マティルドと結婚、6人の子が生まれた。

  1. マリー(1190年 - 1260年) - 神聖ローマ皇帝オットー4世と結婚、死別後ホラント伯ウィレム1世と再婚。
  2. アデライード(1190年 - 1265年) - ルース伯アルヌルフと結婚、次いでオーヴェルニュ伯ギヨーム10世と再婚。
  3. マルグリット(1192年 - 1231年)
  4. マティルド(1200年 - 1267年) - ライン宮中伯ハインリヒ6世と結婚、死別後ホラント伯フロリス4世と再婚。
  5. アンリ2世(1207年 - 1248年)

1213年フランスフィリップ2世アニェス・ド・メラニーの娘マリーと再婚、2人の子が生まれた。

  1. エリーザベト(? - 1272年) - クレーフェ伯ディートリヒと結婚、次いでワッセンベルク伯ゲルハルト2世と再婚。
  2. マリー
先代:
新設
ブラバント公
1184年 - 1235年
次代:
アンリ2世