アンリ・フォシヨン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アンリ・フォシヨン: Henri Focillon1881年9月7日 - 1943年3月3日)は、フランス美術史家。

ブルゴーニュ地方の首都ディジョンに生まれる。父のヴィクトル・フォシヨンは銅版画家で、豊かな芸術環境の元で育った。パリエコール・ノルマル・シュペリウール(高等師範学校)古典文学を学ぶ。リヨン大学で近代美術史の教授と、リヨン市立美術館館長の兼務を経て、エミール・マールの後任として1924年ソルボンヌパリ大学)で中世美術史の教授、1938年にコレージュ・ド・フランス教授を併任[1]

中世から近代美術に関する重要な著作を次々に発表。チェッリーニピラネージの作家論や、東洋美術史で、仏教美術浮世絵葛飾北斎などに関する著作もある。第二次世界大戦の勃発と共にアメリカ合衆国に亡命し、イェール大学ほか諸大学で美術史・考古学を講じたが、フランス解放を前にコネチカット州ニューヘイブンで客死した。

訳書[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]