アンリ・トレスカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンリ・トレスカ
国籍 フランス
生誕 1814年10月12日
ダンケルク
死没 1885年6月21日
パリ
業績
専門分野 機械工学
所属機関 アメリカ機械工学会科学アカデミー (フランス)
テンプレートを表示

アンリ・トレスカ(Henri Édouard Tresca, 1814年10月12日 - 1885年6月21日)はフランス工学者である。材料力学の分野でトレスカの降伏条件で知られる。

ダンケルクに生まれた。フランス国立工芸院の教授を務めた。弾性理論と永久変形の分野の先駆者で、1864年から一連の重要な実験をおこない、トレスカの降伏条件の発見者となった。1875年には国際度量衡局のためにメートル原器の設計者となった。1882年にアメリカ機械学会(ASME)の名誉会員に選ばれた。

トレスカの降伏条件[編集]

トレスカの降伏条件とフォン・ミーゼスの降伏条件の比較

塑性変形の発生のための最大せん断応力は \ \sigma_{tresca}=\sigma_1-\sigma_3 > \sigma_{max}

関連項目[編集]