アンリ・ジファール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンリ・ジファール
1852年の飛行船
ジファールのインジェクター

バティスト・ジャック・アンリ・ジファールBaptiste Jacques Henri Giffard1825年2月8日 - 1882年4月14日)はフランスの技術者である。蒸気機関で駆動するプロペラをつけた有人飛行船の飛行に成功した。

経歴[編集]

パリで生まれた。1849年から蒸気機関の研究を初め、1850年には蒸気機関用の噴射装置の発明をした。1851年エコール・サントラルと共同で蒸気機関を使って気球の操縦をする特許を得た。飛行船のテストは1851年から始め、1852年9月24日、パリとトラップ(Trappes)の間の27kmを2,500m3の大きさの気球に3馬力の蒸気エンジンをつけて飛行に成功した。歴史上最初の動力飛行の成功である。

1855年にも別の飛行船を製作したが試験中に爆発した。ジファールと仲間は無事脱出した。その後は蒸気機関用の噴射装置の開発を続け、いくつかの特許を得た。

1867年のパリ万国博覧会のために、5,000m3(直径約12m)の水素気球を製作し、1869年にはロンドンで12,000m3(直径約15m)の気球を製作した。1878年のパリ万国博覧会では25,000m3(直径約20m)の気球を展示し、これは40人をのせて浮揚できた。博覧会の観光スポットとなり1日に10回、客を乗せて500mほど浮揚した。気球のために作られた水素発生器はゴム風船を膨らませて無料で配布した。

1882年に自殺した。現在ではエッフェル塔名前を刻まれている