アンリ・カサドシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンリ・カサドシュ
Henri Casadesus
1911年頃?の古楽器協会の絵葉書。アンリ、マリウス、リュセット、レジーヌおよびM・ドヴィリエが映っている。ビブリオテーク・ナショナル所蔵
1911年頃?の古楽器協会の絵葉書。
アンリ、マリウス、リュセット、レジーヌ
およびM・ドヴィリエが映っている。
ビブリオテーク・ナショナル所蔵
基本情報
出生 1879年9月30日
出身地 フランスの旗 フランス
死没 1947年5月31日(満67歳没)
職業 ヴィオラ奏者、楽譜出版社者
担当楽器 ヴィオラ

アンリ・カサドシュHenri Casadesus, 1879年9月30日1947年5月31日)はヴィオラ奏者で楽譜出版者。マリウスは弟であり、有名なピアニストのロベールは甥である。

カミーユ・サン=サーンス1901年に「古楽器協会」を設立。1939年までヴィオラ・ダ・ガンバヴィオラ・ダモーレなどの廃れた楽器を用いて五重奏曲などを演奏し、長らく忘れられてきた作曲家の作品を甦演した。だが後に、カサドシュ兄弟、なかでもマリウスがこれらの「忘れられた作品」を作曲していたことが発覚する。モーツァルト偽作の《ヴァイオリン協奏曲 第7番》は、アンリの手によると言われることがあるが、実際はマリウスによる贋作である。しかしながら、レイチェル・ウェイドによって補遺Bに分類されたカール・フィリップ・エマヌエル・バッハの《ヴィオラ協奏曲 ニ長調》は、アンリの贋作であると考えられている。この曲は1911年にはマクシミリアン・シテインベルクによって「小オーケストラのために編曲されて」、1911年ロシアで出版され、その後ダリウス・ミヨーセルゲイ・クセヴィツキーの指揮によって上演され、フェリックス・プロハスカユージン・オーマンディによって録音された。ウェイドは1981年に「目下のところ、C.P.E.バッハの最も録音される協奏曲が、贋作だったのである」と言い切っている。

また、「ヘンデルのヴィオラ協奏曲」や「ヨハン・クリスティアン・バッハチェロ協奏曲」もアンリの贋作と看做されている。これらはスズキ・メソードでも採用され、前者はプリムローズのお気に入りのレパートリーにもなったが、今ではしばしば「カサドシュ作曲のヘンデル風の協奏曲」「カサドシュ作曲のJ.C.バッハ風の協奏曲」と呼ばれている。学術批判によってこれら2曲は、カサドシュ兄弟が狙い目をつけた作曲家の様式で模作したものと断定されている。

外部リンク[編集]