アンヘル・ペドラサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンヘル・ペドラサ Football pictogram.svg
名前
本名 アンヘル・ペドラサ・ラミージャ
ラテン文字 Ángel Pedraza Lamilla
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 1962年10月4日
出身地 セビリア県,ラ・リンコナーダ
没年月日 2011年1月8日(満48歳没)
身長 169cm
選手情報
ポジション DF / MF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1982-1985
1982-1983
1985-1988
1988-1995
1995-1997
スペインの旗 FCバルセロナB
スペインの旗 ビジャレアルCF
スペインの旗 FCバルセロナ
スペインの旗 RCDマヨルカ
スペインの旗 ソジェール
67 (13)
? (?)
45 (4)
229 (3)
? (?)
代表歴
1980-1981 スペインの旗 U-18スペイン 9 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj


アンヘル・ペドラサ・ラミージャÁngel Pedraza Lamilla1962年10月4日 - 2011年1月8日)は、スペインセビリア県出身のサッカー選手。ポジションはディフェンダーミッドフィールダー

息子のマルク・ペドラサ(Marc Pedraza)もプロサッカー選手であり、RCDエスパニョールの下部組織から2010年にトップチームに昇格した。

経歴[編集]

選手[編集]

セビリア県のラ・リンコナーダに生まれ、FCバルセロナの下部組織に入団して昇格していった。1980年9月16日、ラディスラオ・クバラ監督によってUEFAカップスリエマ・ワンダラーズFC戦に出場する機会を与えられ、ラ・マシア出身者として初めてトップチームでプレーした選手となった[1]。その後はFCバルセロナBで経験を積み、1982-83シーズンにはビジャレアルCFにレンタル移籍した。1985年夏にトップチームに登録された彼は1986年1月にプリメーラ・ディビシオン(1部)デビューし、その後3年間は主にバックアップとしてチームを支えた。1985-86シーズンのUEFAチャンピオンズカップ決勝・FCステアウア・ブカレスト戦は延長そしてPK戦にもつれ込み、ペドラサはPK戦のキッカーを務めたが、他の3選手とともにGKヘルムート・ドゥカダムにセーブされ、PK戦で敗れて準優勝に終わった。

1998年夏には若手のロレンソ・セラ・フェレール監督に誘われて、バレアレス諸島に本拠地を置くRCDマヨルカに移籍し、セントラル・ミッドフィールダーからディフェンダーにポジションを変えた[2]。 1988-89シーズンのセグンダ・ディビシオン(2部)では守備陣に不可欠な存在として3000分以上の出場時間を記録し、プリメーラ・ディビシオン昇格を果たした。1990-91シーズンのコパ・デル・レイでは決勝に進出した。RCDマヨルカでは7シーズンプレーしたが、最終シーズンとなった1994-95シーズン以外の6シーズンでリーグ戦30試合以上に出場し、パルマ・デ・マヨルカ市内に本拠地を置くアマチュアリーグのソジェールで2年間プレーした後の1997年に35歳で現役引退した。

指導者[編集]

現役引退するとすぐに指導者の道を歩み始め、現役時代に所属したFCバルセロナの下部組織で5年間の間経験を積んだ。2002年には同じ街のRCDエスパニョールの下部組織のコーチに就任し、2004-05シーズンにはRCDエスパニョールBの監督を任された。2005年夏にはセグンダ・ディビシオンB(3部)のベニドルムCFの監督を務め、2シーズン指揮したビジャレアルCF Bと合わせて3シーズンをセグンダ・ディビシオンB(3部)の監督として過ごした。2008年にギリシャ・スーパーリーグイラクリス・テッサロニキFC監督に就任したが、パニオニオスFCと合わせてわずか1年間でスペインに戻り[3]、2009-10シーズンにはアマチュアのCDアトレティコ・バレアレスを率いてテルセーラ・ディビシオン(4部)優勝とセグンダ・ディビシオンB昇格を果たした[2]

の通告を受けたまま、2010年7月にはセグンダ・ディビシオンBのCEロスピタレートの監督を引き受けたが、わずか3か月後には監督の仕事を辞めざるを得なかった[4]。2011年1月8日、病のために死去した[5]。48歳だった。

所属クラブ[編集]

選手[編集]

1982-1983 →スペインの旗 ビジャレアルCF (Loan)

指導者[編集]

タイトル[編集]

選手[編集]

指導者[編集]

脚注[編集]