アンフォゲッタブル 完全記憶捜査

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アンフォゲッタブル 完全記憶捜査』(アンフォゲッタブル かんぜんきおくそうさ、: Unforgettable)は、アメリカCBSで2011年9月20日から放送されている犯罪ミステリーテレビドラマ(海外ドラマ)である。日本ではWOWOWで放送されている。

この番組は2012年5月13日にCBSによって一度打ち切られ[1]ターナー・ネットワーク・テレビジョンライフタイム英語版の2局が引継ぎに興味を示したものの、結局打ち切りは取り消された[2]。 2012年6月29日、CBSは第2シーズン(全13回)が2013年夏に放送予定であることを発表した[3]

あらすじ[編集]

主人公である女性捜査官キャリー・ウェルズは、一目見たものを全て記憶してしまい忘れることが出来ない「超記憶症候群」(hyperthymestic syndrome)と呼ばれる先天的な特性を持ち、それを活用して犯罪に挑む[4]

登場人物[編集]

キャリー・ウェルズ
演:ポピー・モンゴメリー/声:甲斐田裕子
主人公。かつてシラキュースの刑事だったが、一度退職。その後母親のいる施設でボランティアに参加する傍ら、ギャンブルをしていた。施設での殺人事件でアルと再会し、刑事職に復帰した。
アル・バーンス
演:ディラン・ウォルシュ/声:てらそままさき
キャリーの元恋人で同僚。
マイク・コステロ
演:マイケル・ガストン/声:藤真秀
アルの同僚。
ニーナ・イナーラ
演:ダヤ・ヴァイジャ/声:平野夏那子
ロー・ソンダース
演:ケヴィン・ランキン/声:板取政明
ジョアン・ウェブスター
演:ジェーン・カーティン/声:唐沢潤
アリス・ウェルズ
演:ディアンナ・ダナガン/声:田畑ゆり
キャリーの母で、現在は早期のアルツハイマー型認知症のため施設に入所している。

サブタイトル[編集]

第1シーズン[編集]

  1. 再び記憶の森へ (Pilot)
  2. 魔法の力(Heroes)
  3. 消えた犯行現場 (Up In Flames)
  4. 救いの女神(Check Out Time)
  5. 友の残したスプリット(With Honor)
  6. 誰も知らない私 (Friended)
  7. 鏡の向こうの真実 (Road Block)
  8. 奪えない思い出 (Lost Things)
  9. 金色の鳥 (Golden Bird)
  10. 弾道 (Trajectories)
  11. 地下室からの声 (Spirited Away)
  12. 塗り固められた罪 (Butterfly Effect)
  13. 異分子の選択 (Brotherhood)
  14. ハンティング (Carrie's Caller)
  15. 不都合な証言 (The Following Sea)
  16. ハートを壊さないで (Heartbreak)
  17. ゆれる正当防衛 (Blind Alleys)
  18. 悪魔との取引 (The Comeback)
  19. 「許されぬ恋」の結末 (Allegiances)
  20. 妄想の世界地図 (You Are Here)
  21. 悪魔のトラップ (Endgame)
  22. 記憶の森の男 (A Man in the Woods)

脚注[編集]

  1. ^ Updated: 'Unforgettable' Canceled by CBS; 'NYC 22,' 'Rob' Too” (2012年5月13日). 2012年5月13日閲覧。
  2. ^ Porter, Rick (2012年5月18日). “'Unforgettable' may not be dead yet: Lifetime, TNT interested in canceled CBS show”. Zap2it. 2012年5月19日閲覧。
  3. ^ Andreeva, Nellie. “'Unforgettable' Will Return To CBS With 13-Episode Order For Summer 2013”. Deadline.com. 2012年6月30日閲覧。
  4. ^ Genzlinger, Neil (2011年9月19日). “Remembering All but a Sister's Murder”. New York Times. 2011年9月23日閲覧。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]