アンフィオン (偵察巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
HMS Amphion (1911).jpg
艦歴
発注:
起工: 1911年3月
進水: 1911年12月4日
就役: 1913年3月
退役:
その後: 1914年8月6日に戦没
除籍:
性能諸元
排水量: 基準 3,440トン、
満載 4,000トン
全長: 406 ft oa
全幅: 41.5 ft
吃水: 15 ft 7 in
機関: 4軸推進、18,000 shp
最大速: 25ノット
兵員: 321-325名
兵装: 4インチ砲10門、
3インチ対空機銃1門、
18インチ魚雷発射管2門

アンフィオン (HMS Amphion) はイギリス海軍偵察巡洋艦アクティブ級

艦歴[編集]

1911年3月起工。同年12月4日進水。1913年3月就役。

1914年8月5日、アンフィオンと第3駆逐群は北海でドイツの機雷敷設艦ケーニギン・ルイゼを沈めた。翌8月6日の午前6時30分にハリッジへ帰投途中のアンフィオンは触雷し、爆発沈没した。沈没地点は北緯52度12分東経2度36分であった。乗員149名と捕虜となっていたケーニギン・ルイゼの乗員18名が死亡した。また、爆発の破片によって駆逐艦ラークで3名の死者が生じた。

アンフィオンは第一次世界大戦で最初に失われたイギリス海軍艦艇である。

関連項目[編集]