あんパン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アンパンから転送)
移動: 案内検索
あんパン ケシの実を乗せたあんパン
あんパン
ケシの実を乗せたあんパン

あんパン餡パン)は、中に小豆餡を詰めた日本菓子パンの一種である。

歴史[編集]

あんパンは木村屋(現・木村屋總本店)創業者であり茨城県出身の元士族木村安兵衛とその次男の木村英三郎が考案し、1874年(明治7年)に[1]銀座の店で売り出したところ好評を博したとされる。

1875年(明治8年)4月4日花見のため向島水戸藩下屋敷へ行幸した明治天皇[1]山岡鉄舟が献上し、木村屋のあんパンは宮内省御用達となった。以降、4月4日が「あんぱんの日」となっている。御用達となったことにより、あんパンと共に木村屋の全国的な知名度も上がった。1897年(明治30年)前後には全国的にあんパンがブレークし、木村屋では1日10万個以上売れ、長蛇の列で30分以上待たさせることもあったという[1]

製法[編集]

木村屋のあんパンは、パン酵母(ホップを用いたもの)の代わりに、酒饅頭の製法に倣い日本酒酵母を含む酒種(酒母、に酵母を繁殖させたもの)を使った。中心のくぼみは、桜の花の塩漬けで飾られた。パンでありながらも、和菓子に近い製法を取り入れ、パンに馴染みのなかった当時の日本人にも親しみやすいように工夫して作られていた。

現代では中の餡はつぶあん、こしあんの小豆餡が一般的である。インゲンマメを使った白あんパンや、イモあんパン、あんパンなどの豆以外の餡を使ったもの、桜あんやうぐいすあんを使った季節のあんパンもある。

典型的な形状は平たい円盤。ケシの実(ケシの種)、塩漬けの桜の花(ヤエザクラ)、ゴマの実が飾りに乗せられる。

揚げパンなどにも、あんパンがあり、トーストに餡を挟んだ揚げパンなどもある。

各地のあんパン[編集]

紅豆包(香港

月寒あんぱん[編集]

北海道札幌市豊平区月寒では明治時代後期に、木村屋のあんパンの話を元に「月寒あんぱん」を作り出したが、製法や実物などの情報がなかったため、パンというよりも月餅に近いサイズと食感を持ったものとなった。当時の陸軍歩兵第25連隊の兵士にとって、重労働の後のエネルギー源としてもてはやされ、それによって出来た道路に「アンパン道路」と名付けるほどだった。現在では、ほんまが製造し、道外でも販売されている。

川口あんぱん[編集]

青森県北津軽郡板柳町には、「川口あんぱん」と呼ばれる小麦粉を原料としたカステラ風の生地で白あんを包んだ饅頭状の和菓子が存在する。これは明治初期(1880年)に考案されたといわれるが、月寒あんぱん同様、名称以外に詳細な情報が存在しなかったため、既存の製菓技術を用いてオーブンで仕上げた焼き菓子になったと見られる。

酒種あんぱん[編集]

大分県由布市で、日本酒を造るときの酵母菌(酒種)を独自に純粋培養してパン生地に混ぜ込んで作られている、日本人になじみの深い酒種あんぱん。酵母菌を144時間ねかせて低温発酵で超熟した酒種あんぱんを完成させるまでに15年余の歳月がかかっているとのこと(製法特許第3701959号)。粒あん、こしあん、黒豆入り白あんの3種類がある。は黒麺を使用している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 畑中三応子『ファッションフード、あります。 はやりの食べ物クロニクル 1970-2010』2013年、紀伊國屋書店 ISBN 9784314010979

関連項目[編集]