アンバ族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンバ族
Amba
総人口

30,000(1978年)

居住地域
ウガンダコンゴ民主共和国国境一帯
言語
バンツー語
宗教
不明

アンバ族(アンバぞく、Amba)は、ウガンダおよびコンゴ民主共和国に住む部族。

居住地[編集]

ルウェンゾリ山脈沿いのウガンダコンゴ民主共和国国境にまたがるサバンナ地帯に住んでいる。ブリブリ・ブウェジの2つの集団がある。

生活[編集]

経済は農業を基本とし、農産食料の不足分を狩猟、漁業で補っている。料理用バナナ、雑穀、サツマイモを主食とする。

10戸ほどの小集落を構成して暮らしている。

バンツー系部族としては、一夫多妻が割合に多い。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『世界の民族 2』《熱帯アフリカ》平凡社、1978年。