アンノボン島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンノボン島
Isla de Annobón
Annobon Island Equatorial Guinea.jpg
座標 北緯1度24分 東経5度38分 / 北緯1.400度 東経5.633度 / 1.400; 5.633
面積 17 km²
最高標高 598 m
所在海域 大西洋
所属国・地域 赤道ギニアの旗 赤道ギニア
テンプレートを表示
赤道ギニアとアンノボン島 アンノボン島はアフリカ西岸のギニア湾内に位置する。最も近い国家はサントメ・プリンシペ、ついでガボンである。地図上の左下に大きくはみ出してしまうため、黒枠で示されている。

アンノボン島スペイン語: Isla de Annobón)は、アフリカ中部赤道ギニアに属する火山島。1970年代にはパガル島と呼ばれていた。東西4 km、南北 7 km。南緯1度24分、東経5度38分(島の中央)。

地理[編集]

赤道ギニアは大陸部(リオムニ)のほか、5つの島で構成されている。コリスコ島大エロベイ島小エロベイ島の3つは大陸棚に位置する陸島だが、首都マラボを擁するビオコ島とアンノボン島は、ホットスポットによって湧き上がった火山島である。この2島はいずれもギニア海膨上にある。アンノボン島には598 mのキオベオ山のほか、ポト湖として知られるカルデラ湖が残る。

アンノボン島はビオコ島から南西690kmの地点に位置する。大陸(ガボンロペズ岬)とも400 km以上離れている。2島の間にはサントメ・プリンシペを構成するサントメ島プリンシペ島が浮かぶ。アンノボン島は赤道ギニア最南部に相当し、国内で唯一南半球に位置する。アンノボン島の面積は約17Km²である。

湿度が高く、降雨またはが毎日のようにあり、アンノボン島ののない日はほとんど記録されていない。

赤道ギニアは7つの県で構成されている。アンノボン島は、全体がアンノボン県に区分されている。県都は最北部のサンアントニオ・デ・パレ。アンノボン島の人口は2500人。主要産業は漁業林業である。 島民は16世紀ポルトガル語の抑揚を残すバンツー口語の変形ファ・ダンボを用いて話している。

アンノボン島の位置

歴史[編集]

アンノボン島を発見したのは大航海時代ポルトガル人であり、1474年に到達した。ポルトガル人以前は無人島だった。1784年にポルトガルはスペインにアンノボン島を割譲した。

関連項目[編集]