アンネ・ホルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンネ・ホルト
Anne Holt
Anne Holt.jpg
誕生 1958年11月16日(55歳)
ノルウェーの旗ノルウェーヴェストフォル県ラルヴィク
職業 小説家
国籍 ノルウェーの旗ノルウェー
主題 犯罪、スリラー、ミステリー
代表作 What is Mine, What Never Happens
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

アンネ・ホルトAnne Holt1958年11月16日 – )は、ノルウェー推理小説家弁護士である。

1958年、ノルウェーヴェストフォル県ラルヴィク生まれ。

ベルゲン大学で法律を学んだ。

主な著書[編集]

Hanne Wilhelmsen シリーズ[編集]

  • 1993 Blind gudinne (Blind Goddess)(『女神の沈黙』)
  • 1994 Salige er de som tørster (Blessed Are Those Who Thirst)(『土曜日の殺人者』)
  • 1995 Demonens død (Death of the Demon)(『悪魔の死』)
  • 1997 Løvens gap (The Lion's Mouth)(en:Berit Reiss-Andersen共著)
  • 1999 Død joker (Dead Joker)
  • 2000 Uten ekko(Without Echo) (Berit Reiss-Andersen共著)
  • 2003 Sannheten bortenfor (The Truth Beyond)
  • 2007 1222

その他の小説[編集]

  • 1997 Mea culpa
  • 1998 I hjertet av VM. En fotballreise (Erik Langbråten共著)
  • 1999 Bernhard Pinkertons store oppdrag

Vik/Stubø シリーズ[編集]

  • 2001 Det som er mitt (What is Mine/Punishment)
  • 2004 Det som aldri skjer (What never happens/The Final Murder)
  • 2006 Presidentens valg (Madam President/Death in Oslo)
  • 2009 Pengemannen (Moneyman)
  • 2010 Flimmer (Even Holt共著)

日本語訳された作品[編集]

  • 『女神の沈黙』集英社文庫、柳沢由実子訳、集英社、1997年
  • 『土曜日の殺人者』集英社文庫、柳沢由実子訳、集英社、1997年
  • 『悪魔の死』集英社文庫、柳沢由実子訳、集英社、1999年