アンネ・ゾフィー・フォン・オッター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アンネ=ゾフィー・フォン・オッターAnne-Sofie von Otter, 1955年5月9日 - )はスウェーデン人の著名なコントラルト歌手・メゾソプラノ歌手。レパートリーは非常に広く、オペラ宗教曲歌曲といったジャンルに広がっており、スタンダードな作曲家のほかに、演奏や録音活動を通じてバッハ以前のバロック音楽や、ツェムリンスキーコルンゴルトのようなウィーン世紀末の作曲家、シャミナードのような女性作曲家など、不当に忘れられた作曲家の再評価にも取り組んでいる。オペラにおいては特にズボン役の女声歌手の一人として知られ、楽曲に知的な解釈を示すことでも知られる。

ストックホルム出身。外交官の父親に従ってボンロンドンでも育つ。ストックホルムで学んだ後、ロンドンのギルドホール音楽演劇学校に学び、バーゼル歌劇場と契約して1983年に、ハイドンの歌劇《 Orlando paladino 》におけるアルチーナ役によりオペラ界デビュー。1985年コヴェント・ガーデン王立歌劇場に、1988年メトロポリタン歌劇場にケルビーノ役としてデビューを果たす。1987年にはスカラ座にも進出している。オペラや宗教曲では、モンテヴェルディヘンデルモーツァルトリヒャルト・シュトラウスの歌唱で名高く、リサイタルではブラームスグリーグヴォルフマーラーリートに取り組んでいる。ゲルマン系歌手には珍しいカルメンなど、常に意欲的な挑戦も欠かさない。2001年にはエルヴィス・コステロとのクロスオーヴァー・アルバムを発表して、オランダ・エジソン賞を受賞した。

外部リンク[編集]