アンネリーゼ・ミシェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アンネリーゼ・ミシェル (Anneliese Michel1952年9月21日 - 1976年7月1日)は、悪魔に取り憑かれたとして有名な女性。ドイツバイエルン州出身。

概要[編集]

(※事件については誇張表現および間違っている部分があると思われる。ここにその一説を書く)

1968年、16歳の頃から震えなどの異変が身体に出始め、精神科医に「てんかん」と診断される。薬を処方されしばらくは落ち着いていたが、やがて普通のてんかんの症状を逸した症状が出始め、幻覚を見たり、身体を何かに持ち上げられベッドに何度も叩きつけられる。彼女の意思とは関係なく物凄い力で体を動かされたりする。

薬を飲んでも治まらず、やがて蜘蛛や蝿を食すようにもなり、自傷行為が酷くなる。とても本人の声とは思えない声で汚い言葉を吐いたり、彼女が知りもしないラテン語を喋るようにもなった。彼女は自分が悪魔に取り憑かれたのだと考えた。

1973年 (20歳) の時、両親はついに教会悪魔祓いを頼むが、拒まれる。医者にかかり再び薬を処方されるも、症状とその現象は悪化していった。

1975年、22歳の時、ようやくヴュルツブルク司教は悪魔祓いの許可を出し、カトリックのエルンスト・アルト司祭(41歳)とアーノルト・レンツ(67歳)がエクソシズム(悪魔祓い)を行う。司祭が「お前は誰だ?」と心に思うと、悪魔は返事をし、名を名乗った。アンネリーゼにはなんと6体もの悪魔が取り憑いていた。この際の肉声テープも存在する。

6体の悪魔

  1. ルシファー(堕天してサタンとなったとされる地獄の王)
  2. カインアダムエヴァの息子。弟のアベルを殺し、人類最初の殺人者とされる。)
  3. ユダ十二使徒のひとり。キリストを裏切った。)
  4. ネロ(キリスト教徒を迫害し、後世、「暴君」と評されたローマ皇帝
  5. ヴァレンティン・フライシュマン1572年から1575年にかけてエットレーベン教区で司教を務めたが堕落した聖職者。4人の子供を持つも、女、酒、暴力に没頭し、司教館で撲殺事件を起こしたという記録を残す。)
  6. アドルフ・ヒトラーナチス・ドイツ総統

2時間以上にわたるエクソシズムで、聖母マリアに関する言葉を悪魔に言わせて、悪魔祓いは成功する。

しばらく後、アンネリーゼはマリアに出会い、「悪魔に取り憑かれて苦しんでいる人が大勢いる。そのためにもう一度悪魔に憑かれたまま、命を捧げてくれ。」と頼まれる。彼女は悩んだ挙句、マリアの言葉に従うことにする。そして悪魔に再び憑かれ、食事も摂らなくなり、1976年7月1日、他界した。23歳の若さであった。

まだ若いのに、聖母マリアや悪魔に取り憑かれた人たちのために命を捧げたということで、彼女の墓には沢山のキリスト教徒がお参りに来るという。

その後、彼女の両親と神父は起訴され、裁判の結果、両親と神父は過失致死懲役刑執行猶予6か月の判決を受けた。

この経緯は映画『エミリー・ローズ』のモチーフになった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]