アンニーバレ・デ・ガスパリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンニーバレ・デ・ガスパリス

アンニーバレ・デ・ガスパリス(Annibale de Gasparis, 1819年11月9日 - 1892年3月21日)は、イタリア天文学者ブニャーラ出身。

ガスパリスは、1860年から1889年までナポリ大学の教授を務め、1864年からナポリカポディモンテ天文台の台長を兼務した。

1851年、ガスパリスは王立天文学会からゴールド・メダルを受賞した。1892年ナポリで没した。

ガスパリスの名は、その功績を称えて、小惑星や月にあるクレータ、月にある谷に付けられている。